ピクシブ百科事典

犬江仁

いぬえまさし

正しくは犬江 親兵衛 仁。『親兵衛』が名前で『仁』が諱である。戯作『南総里見八犬伝』の登場人物。

南総里見八犬伝』に登場するの珠を持つ八犬士
脇腹に牡丹がある。

概要

犬江 親兵衛 仁(いぬえ しんべえ まさし)

 文明7年(1475年)12月、下総国市川に生まれる。
山林房八と沼藺の子で、小文吾は伯父にあたる。八犬士の中では最年少。
生まれつき左手が開かなかったが、これは沼藺が幼少の頃に飲み込んだ珠を握って生まれたためであることがのちに明らかになる。幼名は真平だったが、周囲に大八と渾名され、この名が定着した。この渾名は「片輪」の車という連想によるものであることが知られる。

関連タグ

南総里見八犬伝 里見八犬伝 里見☆八犬伝

関連記事

親記事

犬江親兵衛 いぬえしんべえ

pixivに投稿された作品 pixivで「犬江仁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18097

コメント