ピクシブ百科事典

環水平アーク

かんすいへいあーく

太陽が見える方向の水平線上の薄雲に虹色の光の帯が見える現象のこと

概要

環水平アークとは、太陽が見える方向の水平線上の雲に虹色の光の帯が見える現象のことである。上空の雲に含まれる氷晶により、太陽光が屈折することによって起こる。
太陽高度が58度以上の時現れ、日本では真夏にみることができる。

関連タグ

環天頂アーク 幻日

関連記事

親記事

にじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「環水平アーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113

コメント