ピクシブ百科事典

環天頂アーク

かんてんちょうあーく

太陽の上方に離れた空に虹のような光の帯が現れる現象
目次[非表示]

概要

環天頂アークとは、太陽の上方に離れた空に虹のような光の帯が現れる現象である。
天頂と太陽の間に太陽から見て凸にできる。このとき、外側 (太陽に近いほう) が赤で、内側 (天頂に近いほう) が紫になる。
太陽の角度が32度より低く、六角形の板のような氷の結晶が、底面をほぼ水平にして空に分布しているときに発生する。
発生原理は、上記の結晶がプリズムのように光を屈折させることによって虹ができている。

別名・表記ゆれ

環天頂弧 天頂環 天頂孤 逆さ虹

関連タグ

環水平アーク 幻日

関連記事

親記事

にじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「環天頂アーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント