ピクシブ百科事典

紅型

びんがた

沖縄県の伝統的な染め物。型紙と糊を用いて染める。
目次[非表示]

紅型(びんがた)は、沖縄県の伝統的な型染技法である。またその技法を用いて染めたや、その布で作った製品も指す。

製作方法

細やかに切り抜いた型紙を布の上に置き、その上から防染のためのを置いて、染めない部分を布の上に作る。型紙を外してからで染料を置いて布を染め、最後に糊を洗い流して完成となる。
紅型にはさまざまな色の染料を用いるが、同じような技法で、染料にを用いたものもあり、こちらは「藍型」と呼ばれる。

歴史

紅型が沖縄県(当時は琉球)で作られ始めたのは、14~15世紀ごろと言われる。琉球王朝時代は完成度の高い優美なものが数多く作られていたが、王朝の解体とともに紅型も衰退した。更に太平洋戦争で沖縄県が戦場になったことから、紅型の技術もいったん途絶える。
復活したのは戦後になってからのことである。

関連タグ

沖縄 伝統 工芸 民芸品
染め物 布地

関連記事

親記事

沖縄県 おきなわけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「紅型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 819

コメント