ピクシブ百科事典

背中で語る

せなかでかたる

漢の背中には言葉では伝えられない思いがある

彼の背中には、彼の言わんとしている言葉が乗っていた。彼の背中には、彼の意志が顕れていた。
彼の背中の先には、彼が護らんとしている者の姿があった。彼の目の前には、何かがあった。
とてつもなくおおきな何かが。
しかし、その何かよりも、彼の背中はとても大きく見えた。
僕はその背中を、羨望の眼差しで見つめる事しかできなかった。
(「漢の背中」より)

関連記事

親記事

背中 せなか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「背中で語る」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2155933

コメント