ピクシブ百科事典

花城摩理

はなしろまり

岩井恭平著のライトノベル「ムシウタbug」の登場人物。
目次[非表示]

人物紹介

CV:小清水亜美

ホルス聖城学園中等部の生徒。病弱なため、中等部に上がってからは一度も学園へは行っていない。物語の開始より1年前に心不全で他界している。「魔法の薬」という絵本をよく読んでいた。この本の主人公であるパトリシアを自分と重ねていた。本の中に「天使の薬」(他者に成り変わる)と「悪魔の薬」(他者に覚えていてもらえる)の2つの薬が登場し、彼女はパトリシアがなぜ「悪魔の薬」を選んだのかを理解する事が理解できなかった(摩理は当時、迷わず「天使の薬」を選ぶと言っている)。

ムシウタbug

 同化型の虫憑きで憑いた"虫"は銀色のモルフォチョウ。夢は「生きたい」
 モルフォチョウを松葉杖に同化させ、銀色の槍をつくり、武器として用いていた。槍での物理攻撃、麟粉による中・遠距離からの攻撃や防壁、感知能力や領域支配能力といった能力を持つ。その強さゆえに彼女を虫憑きにした"先生"は彼女の事を「最強の虫憑き」と呼んだ。
また、摩理を虫憑きにしたときの状態が正常でなかった(摩理は持病を持っており、死に掛けていた)ためエラーが発生し、イレギュラーな能力として虫を眠らせる能力も持っていた。

一年前(bug本編開始時から数えて)

 "先生"から不死の虫憑きの存在について聞き、不死の虫憑きを探し回っていた。感知能力で虫憑きを見つけては、不死であるかどうかを確かめるために襲いかかっていた。それ故に摩理は他の虫憑きから"ハンター"と呼ばれていた。
 そんな日々を送っていた中、摩理の部屋に亜梨子が訪ねてきた。友人のいない摩理は亜梨子の明るさに最初は戸惑いつつも、「どうせすぐにこなくなるだろう」と思っていた。その予想を裏切り、亜梨子はほぼ毎日のように病室を訪れてくれたため、亜梨子に少しずつ心を開いていった。
 「天使の薬」を迷わずに選ぶと言っていた摩理であったが、亜梨子との出会いで気持ちが揺れていた。そんな時、狩りの最中に後のむしばねのリーダーとなるリナと出会う。そしてリナに自らの所業を言及され、自分のしていることの重大さに気付かされる。その争いの最中に中央本部が介入するが、摩理は逃げ切る事に成功する。しかし、逃げ着いた先で発作を起こしてしまう。そこへ不死の虫憑きが現れる。摩理は不死の虫憑きと話をするうちに、自分が大切なものを間違えていたことに気付く。そして亜梨子の家へ行き、その屋根の上で力尽きる。その日、花城摩理はその短い生涯を終えた。

現在

 物語開始時より、なぜか死んだ花城摩理の"虫"であるモルフォチョウは、消えずに亜梨子とともに行動していた。亜梨子の身に危険が迫った時には、銀色の槍となり彼女の力となった。また、亜梨子の実力では勝てず危機に陥った時には、摩理の人格が現れ、亜梨子を助ける事もあった。その際、亜梨子に"虫"が同化したのを特別環境保全事務局の本部長が確認したため、亜梨子は虫憑きとして認定された。
 ペルセウス流星群の夜に、亜梨子と摩理は答え合わせをした。亜梨子の体で一言「私が亜梨子よ」と言えば、天使の薬を選んで亜梨子に成り変わり、この世界でもう一度生きることができる。しかし摩理はその場にいた人たちが自分の名前を呼んでくれることを知り、1人でないことを感じた。摩理は悪魔の薬を飲みこの世界から消えることを決意する。
 摩理はその場にいる亜梨子以外の自分の事を覚えていてくれる人たちに「ありがとう」「亜梨子をよろしくね」と言い残しこの世を去ろうとする。完全に摩理の意識がなくなる前に、亜梨子は摩理を引き戻そうとするが、摩理は周りの人と亜梨子を信じて「亜梨子はもう大丈夫よね」と言い残し、もう一度彼女に自分の夢を託して完全にこの世を去った。


関連タグ

ムシウタbug 一之黒亜梨子

pixivに投稿された作品 pixivで「花城摩理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67758

コメント