ピクシブ百科事典

若山牧水(文豪とアルケミスト)

わかやまぼくすい

DMMが配信するブラウザゲーム「文豪とアルケミスト」に登場するキャラクター
目次[非表示]

「酒の歌人、若山牧水とは俺のことだ。よろしく頼むぜ?」

プロフィール

名前若山牧水(わかやま ぼくすい)
図鑑No.No.035
武器
レアリティ無地
精神やや安定
代表作『海の声』『別離』『黒松』
派閥なし
文学傾向詩歌、俳句
趣味嗜好ゆっくり酒を飲むこと
CV宮下栄治


公式人物紹介

『酒を一日一升吞むという噂の酒豪の歌人で、仙人めいた雰囲気と酒好きらしい豪快さを併せ持つ。酒ばかり飲んでいるせいか体がいつも熱っぽい。
特に大きな悩みもないようで、愛用のひょうたんを片手に自然に咲く花を眺めては幸せそうに溜息をつくところがしばしば目撃されている。恋に対して情熱的な時期があったらしい。』
                                 ※ゲーム内図鑑より引用

概要

文豪とアルケミスト』にて、文豪若山牧水がプレイヤーであるアルケミストにより転生させられた姿。

ゲーム内でのキャラクター像

酒が入っているだろう瓢箪を片身離さず持つ酒好きの青年。
常に酒を求めており、台詞には酒の言葉が尽きない。図鑑の紹介にあるように恋をした過去もあったことから『情熱的な恋をしたことはあるか?俺は今恋してるぜ……酒にな』といった言葉を投げかけることも。生前友人だった啄木からは「ぼっさん」と呼ばれている。
武器の「銃」は銃身の下部に刃のついた、銃剣を思わせるようなピストル。

元ネタ

  • 実在の若山牧水は自然と旅を愛する俳人で、彼の残した歌は旅先で触れた美しい自然をうたったものが多い。また無類の酒好きでもあり、彼の死因は肝硬変で、おそらくアルコールが原因であろう。
  • 『恋に対して情熱的な時期があったらしい』とあるが、彼は学生時代に園田小枝子と人妻と知らず恋に落ちその後泥沼化したり、後に妻となる太田喜志子には一目ぼれして毎日のように手紙を送っていたというエピソードが残っている。

関連イラスト

白鳥は哀しからずや空の青
牧水さんはええぞ


味わい深い‥


関連タグ

文豪とアルケミスト
中原中也(文豪とアルケミスト)
北原白秋(文豪とアルケミスト)
石川啄木(文豪とアルケミスト)

pixivに投稿された作品 pixivで「若山牧水(文豪とアルケミスト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 742440

コメント