ピクシブ百科事典

中原中也(文豪とアルケミスト)

なかはらちゅうや

DMMが配信しているブラウザゲーム「文豪とアルケミスト」に登場するキャラクター
目次[非表示]

「え……詩人には見えないって…喧嘩売ってんのか!!」

プロフィール

名前中原中也(なかはらちゅうや)
図鑑No.No.004
武器
レアリティ
精神やや不安定
代表作『山羊の歌』『在りし日の歌』『汚れつちまつた悲しみに…』
派閥なし
文学傾向詩歌
趣味嗜好酒を飲んで誰かに絡むこと
CV柿原徹也


公式人物紹介

『 背は小さいが態度は大きい不良青年。相当な酒乱で絡む時には詩情溢れる不思議な罵倒をする。
 暴力もふるうが、喧嘩になると負ける。実は他人とも仲良くなりたいが、
 対等な関係の築き方がわかっていないようだ。そんな彼だが詩を詠ませると見事な感受性を発揮する。
  彼にとって詩は唯一の自己表現できる手段なのだろう。』
                                 ※ゲーム内図鑑より引用

概要

文豪とアルケミスト』にて、文豪中原中也がプレイヤーであるアルケミストにより転生させられた姿。
レアリティは「金」で潜書時間は4時間30分。最高レアリティの「虹」に次ぐ高レアリティ。

ゲーム内でのキャラクター像

金髪に赤目で、黒マントと帽子が印象的なキャラクター。
一見するとただの小さいチンピラだが、詩に対する思いは人一倍。
時折見せる才能豊かな詩人、中原中也の顔と、普段のチンピラ中也とのギャップが激しい。
トレードマークである帽子には並々ならぬこだわりがあるらしく、戦闘中、危機に頻した時でも真っ先に帽子を気にしてしまう。ゲーム内の台詞には、いくつか彼の詩の一節が引用されている。
武器の「銃」は銃身が長めで、茶と金の装飾が施されている。

関連イラスト

文アル詰め⑤
ちゅや誕


酒切れ
✦✦✦



余談(※史実を含む)



史実であり、ゲームとは直接関係がないが

代表作『山羊の歌』は、中原中也が生きているうちに手にした、たったひとつの自選詩集である。

また『在りし日の歌』は、「亡き児文也の霊に捧ぐ」の献辞が付されており
長男文也の追悼詩集となっている。
中原中也が大変可愛がっていた長男の文也は、わずか2歳でこの世を去る。
葬儀の際、文也の遺体を抱いて離そうとしなかった中也だが、
自身の母親であるフクに説得され、泣く泣く文也の遺体を棺に入れた。
しかし、四十九日は毎日僧侶を呼んで読経してもらい、文也の位牌の前を離れなかったという。

文也の死後、中也は長男を失った悲しみから、幻聴や幼児退行したような言動が出始めた。

『在りし日の歌』は中也の死後、翌年4月に刊行された。

                          
                         引用:Wikipedia,中原中也・全詩アーカイブ

関連タグ

文豪とアルケミスト
萩原朔太郎(文豪とアルケミスト)
宮沢賢治(文豪とアルケミスト)
太宰治(文豪とアルケミスト)
坂口安吾(文豪とアルケミスト)

pixivに投稿された作品 pixivで「中原中也(文豪とアルケミスト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1103883

コメント