ピクシブ百科事典

菅原道真(みーまー)

すがわらみちざね

菅原道真(みーまー)とはライトノベル『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

みーくんマユが通う高校の生徒会長。剣道部の部長でもある。

容姿はみーくん同様に伏せられているが、漫画版では眼鏡をかけた男子。

自分語りが大好きで自己主張が激しい性格の持ち主。嗜好が合わず(みーくんは甘党だが、辛党など)、みーくんには苦手なタイプとされている。但し、一癖も二癖もある生徒会をまとめ上げるリーダーシップはある模様。また別世界の彼によると主人公体質らしい。金子とは同級生にして同じ部活の部員同士。

1巻にて登場し、みーくんやマユとわずかに会話するが・・・・・・



以下ネタバレになります。








実は彼こそが本物の「みーくん」。そして8年前の誘拐事件の被害者にして1巻で起きた連続殺人事件の真犯人。またある意味では全ての元凶。

かつてマユとはバカップル、長瀬透とは幼馴染の間柄だった。
マユと共に誘拐・監禁される。たまたま行ったマユへのいじめが誘拐犯に気に入られたことで、保身のために彼女をいたぶるようになる。またそこで犯人である南の影響を多分に受け、それが後天的に残虐性を目覚めさせることとなった。
事件後は監禁された際の記憶やマユとの思い出などを全て忘れている。被害者であることもあり、僕やマユとは違い、周囲との関係性を断たれることなく普通に過ごして育つ(そのため「ぼく」は菅原を嫌っていた)。

しかし1巻で自分の「同類」(本人によれば「目の前に死刑台が聳えようと殺人を厭わず、或いはどれだけ憎悪に滾る仇であっても気分次第で見逃すような、自身の内にある一定のルールを遵守する人間」とのこと)に会いたいという非常に身勝手な動機で殺人事件を引き起こした。

池田兄妹を囮にした「僕」により取り押さえられ、逮捕される。

物語から遠ざかっていたが9巻にて脱走、長瀬をはじめとするかつての同級生を次々に殺害し、「僕」に脅迫電話をかける。そしてマユを拉致し、10巻では行動を共にした。

マユへの好意は本物だが、「僕」と違い非常に自己中心的で、自分の欲求を優先する。マユや長瀬にもそうした態度は変わらなかった。

「僕」と対峙し、殺そうとするが、「こっちのみーくんがいい」と言ったマユに包丁で刺され死亡した。
その死体は僕とマユによって埋められた。
なお、その際にマユは菅原の顔を忘れていたが、無意識のうちに涙を流していた。


関連タグ

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
御園マユ みーくん 
サイコパス

関連記事

親記事

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん うそつきみーくんとこわれたまーちゃん

兄弟記事

コメント