ピクシブ百科事典

読書感想文

どくしょかんそうぶん

夏休み等の長期休暇に課されることの多い作文の課題

夏休みの宿題の定番であり、子供たちから恐れられる作文。全世代のトラウマ。
何か本を1冊選んで感想文を規定の枚数書く。本であれば何でも良いわけではなく、一般的に漫画やライトノベルは禁止とされる。学校によってはミステリー小説推理小説、更には定番の本までもダメとしている事も。
結構本選びから書くまでにも苦痛を感じることが多く、最近では読書感想文不要説が出ていたりする。

なお提出された読書感想文は教師が読んで返却するのではなく、コンクールへと出品される。読書感想文の全国コンクールというのが存在し、校内で選出された優秀な作品が出品される。実は大人用の読書感想文コンクールがあったりする。

子供にとって悩みの種であり、少しでも楽に片付けたいという需要に応えるべく、ネットの海には有志によって作られた使用フリーの読書感想文のサイトが存在する。丸コピすればバレてしまうが、真逆のことを書いてしまえばそうそうバレるものではない。
タイトルが長い本を選べばそれだけで原稿用紙の文字数をかなり埋めることが出来る。ただし最近の教師はそれに抜かりがないため、双方の方法がバレれば再提出を食らうためお勧めできない。

最後に読書感想文を書く子供をもつ親御さんは作文の出来に口を出さず適度にアドバイスすること強要して書くとそれは感想文の意味を持たなくなるからだ。最近では前述する読書感想文のサイトだけではなくプロが教える読書感想文の教養本も出ているためこちらも利用してもいいだろう。
どうしても子供がグズるようであれば親御さん自身が書いてみてどうアドバイスするか把握するといい。大人になった君は子供と同じ条件で読書感想文を書くと新たな発見があるかもしれない。前述した大人の読書感想コンクールに挑むのも悪くない

関連リンク

大人の読書感想文コンクール運営ツイッター
大人の読書感想文コンクール三連覇

関連記事

親記事

作文 さくぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「読書感想文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42155

コメント