ピクシブ百科事典

赤チン

あかちん

マーキュロクロム液の俗称、20世紀には全世界の家庭で消毒液として普及していた。

概要

「マーキュロクロム液」の俗称、1918年アメリカ合衆国で発見。

「赤チン」の呼称はそれ以前に普及していたヨードチンキに対して赤いため。ヨードチンキなどに比べると傷にしみにくく、1980年代までは傷の処置に消毒液としてよく使われていた。

「患部に赤い色がつく」などの欠点があり、製造工程で水銀が発生するという理由から1973年頃に国内での原料の製造が中止(マーキュロクロム液自体にも微量の水銀を含むが、外用剤として使う限りにおいては安全とされている)。以降は同時期に登場したマキロンや、1960年代に現れたポビドンヨード液(商標名イソジン)に押されて徐々に需要が低下していった。さらに21世紀に入ると、消毒液自体を使わない「湿潤療法」が勧められるようになる。

それでもマーキュロクロム液は価格の安さから新興国を中心に使われていたものの、日本政府は水銀の環境汚染を理由として2020年限りでマーキュロクロム液を使った製品の流通を禁止、長く親しまれた「赤チン」も国内から姿を消すことになった。

関連記事

親記事

消毒 しょうどく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「赤チン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1165

コメント