ピクシブ百科事典

邪魔忍

じゃまーにー

邪魔忍とは変幻戦忍アスカに登場する、美女ばかりからなる悪役キャラクター4人組である。本記事では、彼女たちの上司にあたる魔導忍邪衆四鬼王の一人水鬼姫についても記述する。

概要

 変幻戦忍アスカに登場する悪役キャラクターの4人組。

 主人公である飛鳥たち(本能寺一族)に敵対する魔導忍邪衆の幹部・四鬼王の一人・水鬼姫に仕える4人のくノ一。水鬼姫は彼女達を飛鳥たちと戦わせ、その能力を分析した。

 なお、水鬼姫と邪魔忍は、いずれも死亡すると液状化する。そのため、彼女たちが擬似生命体であるのか、(水鬼姫あるいは魔導忍邪衆に)スカウトされた現代人であるのか、ファンの間で意見が分かれている。

水仙(なーしさす)

邪魔忍四人衆 水仙


 ポニーテールの美女。武器はリボン。主人公の仲間である風魔忍者・力太郎と対峙する。しかし、力太郎に「ブス」とののしられて激昂し、必殺技「織烈鞭(ヴァイアレントラッシュ)」で彼に深手を負わせるが、自身も額を割られ倒される。なお、ナルシシズムの語源であるギリシア神話のナルキッソスは、死後スイセンに変化している

水蓮(りり)

邪魔忍四人衆 水蓮


 身長2mを超えようかという大柄な女性。フラフープに似た円環状の刃を飛ばす「竜巻死輪(トルネードリング)」という技で主人公の仲間である成馬を追い詰める。しかし、最後は竜巻死輪を見切られてしまい、成馬に喉を串刺しにされ倒された。

水晶(くりすたる)

邪魔忍四人衆 水晶


 ショートカットの美女。幻術の使い手。飛鳥を水晶の中に閉じ込め(実際には、幻覚にすぎない)殺そうとする。しかし、上司である水鬼姫は飛鳥を自分の手で殺害したかったため叱責される。その後、飛鳥の兄・大地により幻術を見破られる。最後は、飛鳥が放ったブーメランによって胸を串刺しにされ倒された。

水蜜(ぴーち)

邪魔忍四人衆 水蜜


 邪魔忍のリーダー。関西弁を話すツインテールの少女で、邪魔忍の中でもっとも幼く見える。最初は本当の実力を見せない大地をいたぶり、その後も大地を助けようとする飛鳥の動きを封じるなど水鬼姫の作戦のために行動する。
 しかし、新型のプロテクター"アステクター"をまとった飛鳥には圧倒される。最後は、力太郎と成馬のコンビネーション攻撃によって倒された。四人衆の登場エピソードは全てモノクロページであるため、色指定が解らない。しかし、ファンの間で水蜜のヘアカラーは桃色ということになっている。

水鬼姫(すいきひ)

変幻戦忍アスカと水鬼姫様

 ※ 画像右側
 魔導忍邪衆四鬼王の紅一点であり、邪魔忍を統べる存在。同じ四鬼王の一人である魔風とは恋仲であり。作中で魔風が飛鳥に片腕を切り落されたことを怨み、本能寺一族抹殺の任務を自ら志願する。
 最初は部下に戦わせて飛鳥たちの弱点を探るなど、相手の力を見極めることに長けている。飛鳥に自分と同じ苦しみ(大切な人が傷つく)を与えようと、作中で大地をいたぶったあげく殺害する。
 しかし、このことが飛鳥の怒りを買ってしまう。最終的には、変幻戦忍に変身したアスカの爆風烈花(竜巻を起こす技)によって動きを封じられた上、旋風嵐流殺(背後から羽交い絞めにして地面にたたきつける技)によって倒された。なお、死亡後は、液状化した。
 必殺技は大気中の水素と酸素を圧爆させる「破異怒狼撃(ハイドロショット)」だが、プロテクターには通用しなかった。飛鳥たちの飛行船の前に出現した際の幻影水鬼姫は全裸であり、股間の影が恥毛のように見えて色っぽい。掲載誌に、影ありバージョンと影なしバージョンの2種類あることが確認されている(単行本では前者)。

関連タグ

女戦闘員 レオタード 敵女

pixivに投稿された作品 pixivで「邪魔忍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161578

コメント