ピクシブ百科事典

CV:内山昂輝

概要

一大寺ヤマトらの通う高校に新たに転校してきた青年。
口数が少なく人と余り交流を持とうとしない俗に言うコミュ障だが、等の動物にだけは心を開く。
しかしながら、周囲への気遣いができる優しさを持つ。

ドラクターの襲撃に遭った戦災孤児であり、家族と死に別れた中で後の養父である雨宮博士に助けられるが、車椅子生活を余儀なくされた。実はこの時に心停止が限界を超えてから蘇生した為か、異能に目覚めるようになる。最初に外に出ることを拒否した際にサイコキネシスが発現、続いて優れた知能を発揮。2119年頃に零士と同じような能力が発現しつつあった青年たちの一人が暴走した際には、即座に背後に回り込み、アイアンクローで何か不思議な力を送り込んで無力化させるが、後の研究により、青年は超能力を使う代償として出来た腫瘍により暴走し、零士はその腫瘍を取り払った事が判明する。
いわば、彼は人類の進化系とでも言うべき存在になっていたのだ。

その後、ローグのパイロット候補生に選ばれるも、当初は戦うことを拒否していた。
しかし、ドラクターの攻撃や自分の躊躇のせいで仲良くなった猫が死んだことに悲しみと怒りを覚えると、「仕返し」として、メガトン級ローグ・アーサーのパイロットになった。
そう仕向けたのは雨宮博士の仕業であり零士の猫にあらかじめ思考操作し零士をアーサーに乗らせるという仕込みを入れていた。
以降は能動的に戦いに参加するように。

彼の養父である雨宮博士は元は医師であったが、彼に発現した超能力を研究するうちにその魅力に取り憑かれてマッドサイエンティストと化した。それでも切っ掛け自体は零士を生かしたいという気持ちに起因するものであり、息子への生きて欲しいという思い自体は紛れもない本物である。

関連タグ

メガトン級ムサシ

乾カゲトラ:同じくLEVEL5のロボットアニメの登場人物にして中の人繋がり。
セカンドステージ・チルドレン/オルフェノク:ある意味で近しい存在。

関連記事

親記事

メガトン級ムサシ めがとんきゅうむさし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「雨宮零士」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「雨宮零士」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1775

コメント