ピクシブ百科事典

ひょう

雹(ひょう)とは、積乱雲から降る直径5mm以上の氷の粒のこと。直径5mm未満のものは霰(あられ)と呼ばれ区別される。

概要

雹は激しい上昇気流を持つ積乱雲内で生成する。そのためとともに起こることが多い。
雹は空中で、落下して表面が融解し、再び上昇気流での上部に吹き上げられて融解した表面が凍結することを繰り返す。その過程で、外側に他の氷晶が付着したり、過冷却の水滴が付着し凍結したりして、だんだんと氷粒が成長していく。そのため、大きな雹を割って内部を見ると、融解後に凍結した透明な層と、付着した氷晶の不透明な層が交互にある同心円状の層状構造をしていることが多い。成因は氷あられと全く同じであり、氷あられが成長して雹になる。
雹は成長するにつれてその重さを増していく。その重さを気流が支えきれなくなったり、上昇気流が弱まったり、強い下降気流が発生したりした時に、地上に落下する。

「雹」と付くキャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「雹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119993

コメント