ピクシブ百科事典

魔物大元帥ストロガノフ

すとろがのふ

ストロガノフとはランス10の登場人物である(メイン画像右下の獅子顔)

概要

ケイブリスの側近を務める魔物で魔物大元帥と言われる地位についてる魔軍の最高司令官。
魔物大将軍と言われる魔物界に同時に7体しか存在しないといわれる魔物の一体で他の大将軍とは大きく外見が異なり獅子のような顔と赤い体色が特徴的。
かつては魔物界最強の魔物と称された魔物で無敵結界さえなければ魔人以上の実力持っていると称されたが派閥戦争のさなか王剣フサフサ丸が体に刺さり大幅に弱体化して魔物界最弱の魔物となってしまった。
そのことがケイブリスに裏切られても怖くないとして重宝される要因となっている。
本人も最強から最弱への転落という恐怖を味わい最弱から最強へとなりあがったケイブリスに崇拝しており彼に報われてほしいと思っており不興を買ってでも陳言することを辞さない。
フサフサ丸が抜けると魔物界最強の魔物としての実力を発揮できるがしばらくすると死んでしまうため最終手段のようだ。
以前は魔物界最強の戦闘部隊であるマエリータ隊の隊長だった。

関連記事

親記事

ケイブリス けいぶりす

兄弟記事

コメント