ピクシブ百科事典

ケイブリス

けいぶりす

ケイブリスとは、アリスソフトが手掛けるアダルトPCゲーム・「ランスシリーズ」に登場する魔人である。
目次[非表示]

ケイブリスとはランスシリーズに登場する魔人である。
 

登場作品


 鬼畜王ランス…記念すべき初登場作品
 
 ランス6(回想のみ)
 ランス6ラフ画集
 戦国ランス(手紙)
 ランスⅩ
 
 ハニホン8(落書き)
 ランスクロニクル++


概要


鬼畜王ランスでは


LP0003年(if)。ゲーム初登場。
逃亡中の来水美樹カミーラを中心とした追っ手部隊を差し向け、自分たちはホーネット派の魔人と戦闘を繰り広げている。最終的にケイブリス派は勝利し、ケイブリスは魔人のトップに君臨する。
その後、任務の失敗したカミーラを呼び戻し、彼女に告白するが、かなり酷いフラれ方をされ、怒ったケイブリスはカミーラを粉々にしてしまった。
人間との戦いが始まると、最強の魔人として魔王城にて立ち塞がる(大陸統一していない場合はラスボス)。その猛威は一度の攻撃で200人の兵士をなぎ倒し、ランスや健太郎、他魔人が束になっても倒すのは容易ではない。
とは言え実際には消化試合に近く、ここまで来ているならかなり楽な相手。時間制限も無いのでケイブリスを適当にいなしつつ、たまに来る親衛隊を迎撃し、残りイベントを消化するという形になるのがほとんど。苦戦する事はまずない上に、その後に登場するエンジェルナイト部隊や怪獣のインパクトの方が大きすぎて、あまり強いという印象はない。

しかし…

魔王来水美樹を捕らえる事ができれば、念願の魔王ケイブリスとなる事が出来る。見た目は、銀髪美形の男となるが体はケイブリスのまま。両脇に生えた二人の女みたいなパーツは、元からケイブリスの体にある女のようなものが上に上がってきただけ。ちなみに戦闘時のCGには、ケイブリスの股間に貫かれて瀕死の状態の来水美樹が、そのままになっている。
ケイブリスが魔王化すると流石に脅威で、ステータスは、
HP60000 攻138 防116 魔99 攻撃回数1000回
というとんでもないもの。※参考までに人類の各部門トップはHP16、攻23、防18、魔10、攻撃回数80
また味方の魔人も一部除いて離反してしまうので(裏切るのではなく、魔人は魔王に逆らえない設定のため)実質的にはゲームオーバーだが、事前に周到に準備し数十年攻撃し続ければ、倒す事は可能。倒した時はノーマルエンドになり、魔王ケイブリス撃破の特典なども無い。倒した時はノーマルルートに戻るため、グラフィックも魔王時の物から元の魔人の物に戻る。


ランス6では


LP0004年。
ゼス侵攻軍を任せたカミーラに手紙を出している(どのような内容かは不明)。2通目は「早くしないと我慢の限界だよっ」と書いている。
実は少し前に、一向に自分に振り向かないカミーラに対して業を煮やしたケイブリスは、カミーラとやり合う。魔人四天王同士の対決とはいえ、力量ではケイブリスの方が勝っていたようで、カミーラを戦闘不能にまでしている。
ケイブリスの元から離れる機会を狙っていたカミーラは、ゼス侵攻作戦を引き受けるが、ケイブリスとしては、この作戦でカミーラが人間に負けるような事があれば、それは自分のせいだと言い、自分の城にカミーラを軟禁してでも誰にも傷つけられないようにし、夫婦のような関係になろうとしていた。

戦国ランスでは


LP0005年。
ifである魔王ルート(来水美樹が覚醒しリトルプリンセスになるルート)時に、彼女に対して、服従の意を告げる手紙を出す。その内容は「今まで命を狙ってごめんなさい。これから何でも言う事聞きます、へこへこ」という、情けない内容のものだった。これには同じ魔人のザビエルも「ケイブリスは昔から強い奴には逆らわない主義だったが、ここまで卑屈とは……」と呆れていた。
(以上、ランスWikiケイブリスの項目より引用・抜粋)

ランスⅩでは

ホーネット派を打ち破り魔物の世界を統一し人間の世界の侵攻を開始する。
最強最古魔物の王等のキャッチフレーズと共に紹介されている。

性格


基本的に獰猛かつ暴力的な性格で、強い相手には徹底して媚びへつらう(もっとも、劇中において現在の彼より強い存在は魔王しかいないので、鬼畜王ランスおよび戦国ランスでのifルートとしての『魔王ランスルート』あるいは『魔王リトルプリンセスルート』でしかそう言う一面は見られないのだが)判り易い悪役だが、強くなるためには努力を惜しまない一面もあり、また、カミーラに対するベタ惚れ振り(そして、それと表裏一体のヤンデレ振り)からなかなか味わい深いキャラクター性を持っている。


…もっとも、ホーネットシルキィ陵辱したり、いつまでも靡かないカミーラや本来の魔王である来水美樹を惨殺したりするなど(鬼畜王ランス)、女性の扱いについてはお世辞にも良いとは言えないのだが。
エロゲーの悪役は大抵そんなもんだ、とも言えるが。)

元々はリス(弱いけど可能性に溢れた種族)に過ぎず、初代魔王ククルククルの時代に魔人となって数千年の時を自己強化、自己進化に費やし現在の強さを身に着けた。

可能性の塊で傍若無人と言う点では、ある意味ランスの同類だが自分より強い相手にへりくだる点等、根っこの部分では大きな違いが有る。


容姿


基本的には、古典的な恐竜怪獣が鎧とマントを着用したような姿だが、6本の剛腕を備え、背中と尻尾に「裸の女性型の部分(あくまでもケイブリスの肉体の一部であり、独自の自我を持っているわけではない)」があり、股間には8本の触手(機能は…お察し下さい)が生えた異形の極みとも言うべき姿をしている。

ケイブリス




魔王化すると顔は銀髪の美青年になり体はそのまま、裸の女性の部分が肩の方に移動して更に異形感が強まるが、裸の女性が移動する関係上イラストはR-18にならざるを得ない。

元はリスらしく愛らしい姿をしていたらしい…まぁリスは頑張れば人間になれるトンデモ生命体なのでこの姿も努力の賜物なのだろう。ちなみにメディウサが魔人になったころはまだかわいらしいリスの姿をしていたらしい。

人間(?)関係


ホーネット…不倶戴天の宿敵
カミーラ…最愛の魔人(ひと)
メディウサ…趣味が合う、遊び仲間
ケイブワンケイブニャン…俺様最強使徒として作った使徒だが実力はお察し

関連イラス、


K-SAMA



鬼畜王 対 魔王






関連タグ


ランス
ランスシリーズ
鬼畜王ランス
戦国ランス
魔人
悪役
アリスソフト
アリスソフトはにほー

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイブリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22880

コメント