ピクシブ百科事典

シルキィ・リトルレーズン

しるきぃ

「シルキィ・リトルレーズン」とはアリスソフトのランスシリーズに登場するキャラクター
目次[非表示]

「シルキィ・リトルレーズン」とはアリスソフトより発売されているランスシリーズに登場する魔人の一人

基本情報

種族:魔人 元の種族:人間
性別女性 身長:145cm 体重:37kg
スリーサイズ:不明
年齢:1000歳以上(GI20年に魔人化)
階級:魔人四天王 所属ホーネット
現在LV:119 才能限界:205
技能LV:魔物合成LV2 趣味:野球

容姿・性格

青髪で小柄な体格。鬼畜王ランス(メイン画像右)ではミディアムヘアーぐらいであったが織音氏の設定イラスト(メイン画像左)ではショートヘアになっている。
水着のような露出の高い服装をしてはいるが、貧乳であり総じて控えめなスタイルをしている。
真面目熱血漢ではあるが融通がきかない面もあり、魔人でありながら魔物を合成する能力に長けるため敵も多い。
趣味は野球で魔物達とチームを組んでいるがお世辞にも上手いとは言えずレギュラーになれずにいる。
最も今は彼女の属するホーネット派の情勢を鑑みるに野球どころではなさそうではあるが・・・。

戦闘力

鬼畜王で彼女を含めホーネット派は総じて不遇であったため戦闘能力では劣ると思われがちだが、ランスリーズの責任者のTADA氏も「強い」と言及しており、魔人筆頭のホーネットの影に隠れがちだが、才能限界も非常に高く魔人四天王の地位は伊達ではないようだ。

戦闘スタイル

現在の設定

シルキィ・リトルレーズン


魔物を合成して作られた「リトル」と呼ばれる強化骨格を装着し戦闘を行う。

鬼畜王ランス

シルキィ・リトルレーズン


魔物を合成してできた巨大な「リトル」と呼ばれるキメラに乗って戦闘を行っていた。

活躍

鬼畜王ランス

四天王と言う肩書の割りに、戦闘の場面が殆ど無く、神の半身であるサイゼル姉妹や味方になるサテラ、メガラス、最強クラスの実力にどうあがいても凌辱されるホーネット等、他の面子に比べてどうにも影が薄く、ゲーム中の活躍と言えば魔血魂を大量に吸収してケイブリスに特攻を仕掛けるのだが、5つも飲み込んでケイブリスのHPを2にするという物で同じ四天王相手なのにどうにも凄さを感じられない物で、ユーザーに貧乳ネタで弄られたりしていたが後に明らかになった設定でとんでもない事が明らかになった。

魔王ガイ(GI)時代

人類を奴隷にした最悪の魔王ジルがガイによって封印され、ガイが魔王になったものの人類は奴隷として魔物達に虐げられる時代が続いていた。
その魔王ガイの屋敷に人間ながら単身で強襲、片腕を失い瀕死の状態でガイの元にたどり着きガイに見込まれ魔人になるよう誘われる。
シルキィはそのガイに対して魔物達の奴隷である人類の解放を魔人化の条件として突き付けなんと魔王のガイはそれを受け入れる。
シルキィが魔人化した数年後、約束通り人類は奴隷から開放され今のランスシリーズの世界の大基となった人類の歴史が始まる。
人類にあまり知る者はいないが人類を最も多く救った英雄がこのシルキィであると言える。

魔王リトルプリンセス(LP)時代

来水美樹が次の魔王になるものの、魔王として覚醒する事を拒み世界を放浪する。
魔王不在となった魔物達の世界は美樹に魔王として魔物の世界を治めることを願うガイの娘にして魔人筆頭のホーネットの派閥と、美樹を殺して魔王になろうとする魔人四天王のケイブリスの派閥に分かれて抗争を繰り広げることになる。
シルキィは親友のホーネットの側に付きホーネット派のNo.2として奮闘している。
ただ、魔人は元の種族が人類でなく人類を見下している魔人や人類出身であっても人類に不信感を持つ魔人が多く、多数派のケイブリス派の優勢で彼女の属する人類に対して穏健派のホーネット派は歴代作中での言及ではかなり追い込まれている模様。
正史初登場となる「Ⅹ」では忘れられた英雄というキャッチフレーズがついて登場。
彼女の所属するホーネット派は敗北しシルキィは公式サイトでキャラクター紹介がされる前に凌辱されるCGが公開されている

関連タグ

ランスシリーズ 魔人 ホーネット 四天王 青髪 貧乳

pixivに投稿された作品 pixivで「シルキィ・リトルレーズン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9067

コメント