2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

健太郎くんは健太郎くんなんだから健太郎くんスラッシュなの・・・。

概要

初登場時は中学2年生、現在は19歳。明るく天然でセンスが変な女の子。良く言えばおおらかで天真爛漫、悪く言えば自由奔放すぎる電波。心の中に悪い感情がないため(例えるなら則巻アラレみたいな女の子)、それを魔王継承者の選定条件とした第6代魔王ガイに異世界に連れてこられて第7代魔王リトルプリンセスにされてしまう。

幼馴染で恋人の小川健太郎によって救出されて脱出するが、その後は保護して魔王として擁立させようとするホーネット派と殺して魔王の力を奪おうするケイブリスに追われている。

現在は魔王化を抑える効果を持つ果実ヒラミレモンを食べることで、魔王化を抑え込みつつ、健太郎と共に魔王から元の人間に戻れる方法を探して、異世界を旅をしている。…と書くと暗くなりがちだが、本来の前向きな性格で異世界の冒険を楽しんでいる身体も心も頑丈で強い女の子。

魔王だけあって覚醒こそしてないものの、感情を爆発させた際に地形を変える強力な力の持ち主。必殺技は「消えちゃえボム」。魔王の力を持つが、未覚醒のため制御はできておらず、使いこなせる機会はわずかで(ザビエルの魔血魂消去)、氷漬けにされたシィル・プラインを解凍しようとしたときは失敗してシィルごと氷を砕いてしまった。



正史ではランス1(ランス01)に初登場。何故かリーザス城で客人として滞在しており、出かけている健太郎を待って留守番している。セクハラ(スカートめくり)をしようとするランスをふっとばして瀕死の重傷を負わせるイベントが用意されている。駆け出し冒険者の当時のランスでも、朧げながら強大な気配を感じ取っていた。



戦国ランスで再登場。魔人ザビエルの使徒式部に健太郎が重傷を負わされたことに激怒して式部を魔王の力で消し去り、瀕死状態の健太郎を魔人化させることで助けた。だが健太郎を助けるためとはいえ、彼を魔人にしてしまった自分の行動を激しく後悔した美樹はショックでその場を逃亡、行方不明になってしまう。その間、健太郎がいない孤独に苛まれ自暴自棄になり、さらにヒラミレモンの効果が切れて魔王に覚醒しかけて多数の犠牲者を出してしまう。ランスたちが発見したときは魔王覚醒直前になっており、自分を保護しようとするランスを嫌って氷漬けにしようと魔法をかけるが、ランスをかばったシィル・プラインを氷漬けにしてしまった。知り合いのシィルを氷漬けにしたことで動揺したところを、健太郎にヒラミレモンを与えられて魔王化を抑えた。演出のためとはいえ、このことがファンからの怒りや反感を集めて嫌われることになってしまった。
別ルートである山本五十六(ランス)ルートでは、魔王化しかけた自分の前に立ちはだかった五十六を見て人間の心を取り戻し、放ちかけた雷撃を自分に向けることで五十六を自分の攻撃から守り、その後の健太郎の説得とヒラミレモンを食べることで魔王化を回避した。
前述のとおり、強大な力を持つが、力の制御ができず、力を使うとかえって危険なため、終始応援に徹している(実際、ザビエルとの戦いで力を使おうとした美樹は健太郎にストップをかけられていた)。
物語の最後ではザビエルの魔血魂を消滅させ、健太郎と共に旅立った。



RanceⅩ-決戦-では山に籠っていたところを、捜索に来たランスに健太郎共々保護される。保護しに行くのが間に合わないと、ケイブリスに先に見つけられてしまう。このときの展開では、ケイブリスに健太郎を人質にとられた美樹が「自分を殺していいから健太郎くんを殺さないで」と恭順の意を示し、捕らえられて殺害され、ケイブリスが魔王になるバッドエンドになる。(当然、健太郎は直後に殺害された)
他にもマエリータ隊に拉致されてケイブリスに引き渡される展開もあり、魔王化を抑えるヒラミレモンを敷き詰めた部屋に監禁されて、ケイブリスから長期間にわたり凌辱や暴行を受けるという悲惨な目に合う。美少女が城に監禁されて、凌辱、言葉責め、触手プレイ…という、その手のファンにはそそるシチュエーションなのだが、ケイブリスに凌辱される美樹のイベントCGは用意されていない。さらに救出時には通常の立ち絵のままで(ケイブリスに凌辱されている間に美樹の衣服はぼろぼろになって美樹は裸状態のはずなのだが、救出時は何故か通常どおりの立ち絵である)、ケイブリスから長期間凌辱と暴行を受けたという悲惨さがまったく伝わってこない。
自分をケイブリスに引き渡したマエリータ隊が仲間に加わったときは、「(気にしなくて)いいよー」と笑顔で彼らを迎え入れるなど、心の広さを見せていたが、そういったところも「(暴行凌辱されても平気な)メンタル頑丈な化け物」と揶揄されてしまった。
また美樹が魔王に覚醒することでバッドエンドになってしまうルートがいくつも存在している。また、人類半数の死滅に成功した勇者アリオスに殺害されるケースも複数あり、こちらも別の魔王が現れるトリガーである。それ故にファンからは「厄介な存在」「歩くゲームオーバー要因」として今作でも嫌われてしまうことになり、人気投票も50位以内にランクインできなかった。
人気キャラになる要素を持ちながら、演出やフォロー不足で反感を持たれてしまった不遇のキャラクターである。
また、本編の戦争は結果的に「継戦力を含めて時間制限が近付く中で、如何に人類に友好な存在を魔王に据えれるか」が人類側の課題であったため、正史以外ではどう足掻いても負の役回りからは避けられなかった。

物語の終盤にヒラミレモンで抑えていた魔王の血が抑えられなくなるが、ランスに魔王の血を継承させ、念願叶って元の人間に戻れた。そして同じくランスによって魔人から人間に戻された健太郎と共に故郷の世界に帰還する。



鬼畜王ランスでは正史と性格がまったく違い、ごく普通のおとなしい真面目な性格。異世界の冒険を楽しんでいる正史と違って、魔王にされてしまった現在の状況を悲嘆しており、魔王名で呼ばれると露骨に嫌悪を示すほど嫌がっている。
戦闘に参加しない正史と違い、鬼畜王では戦闘ユニットとして健太郎と共に仲間に加わる。魔王としてのHPの高さを生かした絶対防御力とまれに発動できる必殺技「消えちゃえボム(敵部隊全滅と敵隊長のHP半減)」で強力なユニットとして活躍する。探索は怖がりのためできないが、無敵盾として大活躍してくれる(エンジェルナイト相手では徐々に削られ倒されることもある。そもそもこの世界の魔王は、当人も把握してないが創造神側の存在であり、魔王の力も上級神と互角程度。神の勢力には魔王を一方的に倒せる存在が20体以上居る。)。


オリジン

元々はPC-8801ディスクマガジン『LEMONADE 創刊号』の付属ゲーム『さらわれた美樹ちゃん』のヒロイン。主人公は健太郎。
本作のドラキュラは後に魔王ガイと言う設定になった。
美樹の称号「リトルプリンセス」も『さらわれた美樹ちゃん』のMSX2移植版の題名から来ている。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85258

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました