ピクシブ百科事典

15話(ひぐらしのなく頃に)

じゅうごわ

アニメ「ひぐらしのなく頃に解」の15話。 特にこの記事では、ラストシーンの部分を指す。
目次[非表示]

「あの時の十円玉が無かったら…それだけは、あなたに感謝するわ…」

概要

アニメ版 ひぐらしのなく頃に解 第15話 祭囃し編
其の二「蠢き」 のED後に流れたワンシーン。

ED後だったため、見逃してしまった視聴者も少なくなかった。

当作の重要なターニングポイント。

奇跡」と「絶対」の衝突。

解説

数多の世界で繰り返された惨劇は、
ひとりの少年とその仲間たち、多くの村人によって、打ち破られたかのように思われた。

ひぐらしのなく頃に
ひぐらしのなく頃に


互いを赦し合い、約束し合うことで、疑心暗鬼に打ち勝ち、すべての惨劇を解決できる、魔法の鍵のはずだった…

が、しかし、それではまだ足りなかった。
数百年の奇跡を以ってしても覆せぬ「絶対の運命」
女神は憂える。

そして再び、先の見えぬ未来に身を委ねる。
もう一度、奇跡が訪れると信じて。
もう二度と、逃げ出さないと誓って。

あなたが、ここの”御社様”(かみさま)ね…

『強い意志は、運命を強固にします。』
「そうよ…。」
『揺るがない信じる心は、どんな運命をも打破るのです。』
「そのとおりよ…」
『僕は漸く解りましたのです。』

言祝し
輪廻の果て


『何度繰り返しても決して覆せぬこの運命は、貴方の強固な意志の力故。僕は貴方に負けないッ!教えられましたのです。信じる力が運命を切り拓く、奇跡を起こすと。僕達は、貴方の意志の強さに負けないのですッ!!!!

羽入
私にできること


「結構、掛かっておいでなさい!どちらの意志(おも)いが強いか見せてやる‼︎私は私の運命を一歩も譲らない‼︎…マヌケな餓め、貴様を神の座から引き摺り降してやるッ!!!!

(茅蜩達の鳴き声)

関連タグ

ひぐらしのなく頃に/ひぐらしのなく頃に解
罪滅し編/皆殺し編/祭囃し編/言祝し編
鷹野三四/田無美代子/高野一二三/オヤシロさま
哀しき悪役/因果を越えて絶望を断つ希望
ハィ=リューン・イェアソムール・ジェダ/羽入/こころむすび

関連記事

親記事

祭囃し編 まつりばやしへん

コメント