ピクシブ百科事典

C寝台

しーしんだい

1955年から1964年まで国鉄の夜行列車において存在した寝台車両の区分。および、廃止後に生まれた「俗称」としてのC寝台もここに記す。

概要

1955年(昭和30年)に、従前の一等寝台車と二等寝台車の区分を再編した際に新設された区分である。

等級運賃制時代の一等寝台列車の運賃・料金は当時の航空運賃よりも高く、利用率が低迷する反面、二等寝台車は利用率が非常に高かったことから、1955年(昭和30年)7月1日に一等寝台は廃止され、二等寝台車に編入の上統合された。

このとき、旧一等寝台区分室(現在の個室寝台に準じるもの)を「2等A寝台」、旧一等寝台開放室で冷房がついている車両を「2等B寝台」、旧二等寝台開放室で非冷房のものを「2等C寝台」とした。

しかしその5年後に当たる1960年(昭和35年)7月1日に運賃の等級再編が行われ、従来の「1等車および2等車」を新たに「1等車」、「3等車」を「2等車」とする2等級制運賃が導入され、「2等A・B・C寝台」はそれぞれ「1等A・B・C寝台」へと変更された。

その後、1964年までに「1等C寝台」に区分された車両は廃車または冷房改造が施されたため、「C寝台」と呼ばれる車両もこのとき消滅した。

現在は一般車両の座席に寝ることを指す、俗語としての「C寝台」という言葉の方が知られているが、これは前述の「C寝台」が過去に存在していたことを知らない鉄道マニアの間で広まっていったものと考えられる。
ただし当時実在していた「C寝台」はあくまでも現在の「A寝台」のうちの1区分であり、非冷房である以外は現在のB寝台(当時の3等寝台に相当)よりも格上であったことに留意する必要がある。
尤も、厳密な設備の差を鑑みれば、当時は今のA寝台と同じ線路方向にベッドを配置するタイプだけでなく、今のB寝台と同じ枕木配置の2等寝台があり、加えて寝台幅も狭いものだと今のB寝台と変わらなかったことから、非冷房である分C寝台の方が今のB寝台より設備的には劣っていた場合もある。

ちなみに床や網棚に寝ることを指すのは「D寝台」である。

関連

鉄道 寝台列車

pixivに投稿された作品 pixivで「C寝台」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12326

コメント