ピクシブ百科事典

CorelDraw

こーれるどろー

Corel社が開発および販売を行っている高機能なベクターグラフィック編集アプリケーション。最新バージョンは2017。
目次[非表示]

CorelDRAW(コーレルドロー)は、Corel社が開発・販売しているベクターイメージ編集アプリケーション。略称は「ドロー」「コーレルドロー」。機能制限版のCorelDRAW Essentialsなども販売されている。


概要

通常PhotoshopPainterなどのラスター系ツールは、そのドットに色を指定して描画をしていくが、ドローツールは「A地点からB地点へ太さXで線を書く」などの情報で構成されているため、拡大したり縮小しても画質が変わらない特徴を持つ。

1枚物のポスターや同人誌やイラスト集を作るときに便利。Illustratorの対抗馬として25年以上前から世界中で発売されているソフトですが、日本での知名度はあまりない。なぜなら印刷業界はほぼ全てMacを使っている中、Macバージョンが発売されなかった点、ちゃんとした日本支社の設立がここ2005年あたりである点があげられる。海外のフリー素材でCoreldraw形式だった、何てこともある。

Illustrator以外で保存形式(.ai)が扱える、CMYKに対応している、プロフェッショナルな観点からIllustratorに対抗できる、数少ないソフトである。

現在はPHOTO-PAINTなどのセットパッケージとして発売されており、海外では昔あった「Adobe Creative Suite Design Standard」と比べられていた。(5万円 VS当時20万円)

廉価版のEssentialsでもCMYK.AI形式が入出力可能。DVDのプレスやCDプレス時の盤面のロゴデータを入手してレイアウトする際などにもつかえ、同人誌も作りやすい。(Illustratorの複数ページ版な感覚。)

サウスパークのキャラクターなども、このソフトで作られている。

特徴

  • Adobe Creative Cloudは月額制だが、CorelDRAWは買いきりか年間サブスクリプションの2択である。
  • 年間のトータルコストを考えると、比較的安い。
  • AdobeでのPhotoshopIllustratorの関係性が、PHOTO-PAINTとCorelDRAWでなされており、埋め込んだ画像の編集も可能である。
  • Mac発のAdobe系ツールに比べ、Windows発のツールなので右クリック操作が充実している。(クリックである程度完結する)
  • プラグインがあまり出ていないので、Adobe系に比べて拡張性に乏しい。(バーコード作成機能や寸法ツールは標準搭載)
  • PHOTO-PAINT9の頃からPainterのRIFF形式が読み込めるようになった。(出力は不可)
  • Mac版も一時期開発されていたが、現在は開発されていない。




関連

ペイントツール
Painter
Corel Paint Shop Pro
Adobe
Photoshop
Illustrator
.ai
ベジェ曲線
ベジ絵のススメ

pixivに投稿された作品 pixivで「CorelDraw」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104797

コメント