ピクシブ百科事典

F-19

えふじゅうきゅう

アメリカが極秘裏に開発した最初のステルス機で、型番は「存在しないはずの番号」が振られている。開発・実戦など一切が謎に包まれており、そのスタイルに至るまでが議論になるほど。

とでも思ったか?

本当はモノグラムイタレリという、世界的模型メーカーから発売された、まったくの架空機(のプラモデル)であり、実在しない。

F-19のデザインはモノグラム版とイタレリ版の2種類で違っており、戦闘機としてはモノグラム版の方がそれっぽく見え、一方イタレリ版はSR-71を切り詰めたような恰好をしており、「実際にありそう」と感じられるのが特徴。両者とも「曲線を多用したデザイン」「可能な限り平板に近づけた機体」「内側に傾斜した双尾翼」という共通点がある。

なお、TOPのイラストはイタレリ版のものである。

関連タグ

F-117 - 世界初の実用ステルス機。F-19騒動中にロッキードが開発していた。F-19はステルス戦闘機と設定されていたが、デザインは直線と角を重ねたものであり、曲線ベースのF-19とは対照的。

pixivに投稿された作品 pixivで「F-19」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1295

コメント