ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「人類総ビーボ化計画の、始まりだ」

演:津田寛治

プロフィール

誕生日8月27日
本名不明
出身リアルワールド
初登場日2009年3月6日(足元のみ)、2009年5月22日(顔出し)


概要


ビットワールド』の登場人物。
2009年度の物語のキャラクターであり、最大の敵である。
トーヤとは以前から知り合いであったかのような発言をする。
黒い服と帽子をかぶっており、時折ビッコロやビーボメイトの様子を影から覗いていた。

電ワンコを用いて廃工場にトーヤを呼び出し、シャビがいる「可能性」があるBFCの情報を伝える。
小型ロボットを使いシャビを連れ去ろうとするが失敗。セイコー達からの尋問には「ビーボとリアルワールドの人間は共存できない」「人間の悪意に触れると、ビーボは衰弱する」とビッコロの活動を否定する。
その後トーヤを拉致し、シャビと合体させる。その際に、協力関係にあったカゲロウも合体ビーボにし、一方的に手を切る。

実はサツキの兄で、人間とビーボを合体させる装置の実験台になり、ジャッカルというビーボと合体し、合体ビーボとなった。
その戦闘能力は非常に高く、合体ビーボ最強である。黒い木の葉に化したり、波動でマスーニョたちを吹き飛ばす、トーヤの円陣を阻止するなどその強さが伺える。

本編の生放送で敗れ、計画は阻止される。襲い掛かるカゲロウからトーヤを守り、背中を突き刺され消滅。最期は、
「…なあトーヤ…人間から悪意が消えることは絶対にない。だが、お前らのようにビーボを思う気持ちがあったら…もしかすると…違った世界をつくれるかも…」
と言葉を告げて、死を迎える際のビーボのそれと同様に、美しく光り輝く青い石へと姿を変えた。

その後、石はトーヤの手によりとある森___トーヤがジャッカルと初めて邂逅した場所に埋葬された。

トーヤはセイコー達に出会う前、シャビを捜索している際に森の中でジャッカルと出会っていた。Jの「久しぶりだな、トーヤ」という発言はジャッカルの記憶から出た言葉であった。

人物

常に無表情で淡々としている。
トーヤとシャビを「計画の犠牲」と言い放ち、協力関係にあったカゲロウも最後に切り捨てた。
シャビを連れ去る計画が失敗し、箱の中にシャビではなくテディベアが入っていたときは、怒りをにじませていたため、感情が皆無というわけではない。

【ジャッカルとの合体前】
サツキの兄。合体前は心優しい研究者であり、弱っているジャッカルを見つけ拾ってきた。
ジャッカルに手を出すカゲロウに激昂する一面を見せる。
カゲロウに「ジャッカルを助ける方法は合体することだ」と言われ、己の身を犠牲に合体の道を選ぶ。
最期に妹であるサツキのことを呼んだり、わざとではあるがミオにぶつかった際の優しい声や、去り際に礼を返すなどの行動は、人間としての彼の人の好さではないかと考察できる。

余談

  • 2009年3月6日に放送された足元だけの登場シーンの収録時には、まだJのキャスティングは津田氏と決まっておらず、セリフは別の声優が務めた。


関連イラスト

J
J



関連タグ

ビットワールド トーヤ

関連記事

親記事

ビットワールド びっとわーるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「J(ビットワールド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント