ピクシブ百科事典

KJ・ヌーンズ

けーじぇーぬーんず

アメリカ人総合格闘家のイケメン第1号
目次[非表示]

生い立ち

1982年12月7日米国ハワイに生まれる。

本名カール・ジェームス・ヌーンズ(Karl James Noons)

来歴

2002年、Renegades Extreme Fightingのライト級トーナメントで総合格闘技デビュー。
2004年6月18日、プロボクシングデビュー。
2004年11月、アメリカで開催されたPRIDEオーディションに合格し、マット・ヒュームのAMCパンクレイションで練習を始める。PRIDE武士道に出場するためハワイのSuperBrawlでキャリアを積むが、結局条件面で折り合いがつかず、武士道に出場することは無かった。

2005年から2007年にかけて、プロボクシングで5勝1敗(4KO)の成績を残した。EliteXCとはボクシングとの二足の草鞋が可能な契約を結んでいた2]。
2007年2月10日、初参戦となったEliteXCでチャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネットと対戦し、KO負け。
2007年11月10日、初代EliteXC世界ライト級(-73kg)王座決定戦でニック・ディアスと対戦。下馬評ではディアス有利と言われたが、パンチでディアスの左瞼をカットし1R終了時にドクターストップでTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。
2008年6月14日、地元ハワイで開催されたEliteXC世界ライト級タイトルマッチでイーブス・エドワーズと対戦し、開始48秒、右ストレートからのパウンドでKO勝ちを収め初防衛に成功した。試合のマイクアピールでは乱入したディアスの挑発によって乱闘騒ぎとなった。

2008年9月19日、ニック・ディアスとのタイトルマッチを拒否したため、EliteXCから王座を剥奪された。

2010年6月16日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Los Angelesでコナー・ヒューンと対戦し、2-1の判定勝ち。
2010年8月21日、Strikeforce: Houstonでジョルジ・グージェウと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。
2010年10月9日、Strikeforce: Diaz vs. Noons 2において世界ウェルター級タイトルマッチでニック・ディアスと再戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2013年5月25日、UFC初参戦となったUFC 160でライト級ランキング6位のドナルド・セラーニと対戦し、0-3の判定負けを喫した。
2014年4月16日、UFC Fight Night: Bisping vs. Kennedyでサム・スタウトと対戦し、パウンドでKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。
2016年、いくらかの試合をキャンセルしたことと2連敗の影響でUFCからリリースされた。

米国人総合格闘家としてはイケメン格闘家第1号といってもいいだろう。

ニックとは因縁のライバルの様な関係である。

私生活

2009年にモデルのMelany Lorenzoと結婚し、二人の息子がいる。

関連動画


ライバルであるニック・ディアスとの対戦動画

関連タグ

イケメン UFC ニック・ディアス

pixivに投稿された作品 pixivで「KJ・ヌーンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント