ピクシブ百科事典

MAX_MAXIMIZER

まっくすまきしまいざー

我が名はMAX MAXIMIZER 背徳と絶望の最後の番人
目次[非表示]

概要

初代アップデート版(1.5)のDEADLOCKにてデビューしたコンポーザー
REFLEC_BEATで活躍しており、連動以外で移植された楽曲は存在しない。
メタル系ミクスチャー調の楽曲が特徴なこれらの楽曲はほとんどがゲームの最後に解禁可能で、かつ非常に高い難易度を誇る譜面を揃えている。
まさに名乗りの通り、最後の番人として君臨する謎の存在。

私立BEMANI学園のコラボ発表会では代理が出演するなど、長らく姿は明かされていなかったが学園の生徒紹介PVにて遂にその姿を見せる。
魔術師のローブに身を包み、下半身は透けて見えず、フードに隠された顔には顎鬚が見えるといういかにも恐ろしげな風貌であり、映像中の登場演出とその歪んだ低い声に番人の風格を感じさせている。
概要のセリフはこのPVでの名乗りから引用。

楽曲のジャケットはすべてXTC氏が担当。その絵は禍々しさを一層引き立たせるものばかり。

楽曲

※表記のないものはMAX MAXIMIZER名義。初出はバージョン名で記述。

  • DEADLOCK
    • 初代(Ver1.5)最後のFINAL専用曲。
    • HARD譜面は稼働当時の最難譜面。
    • coletteのオーダーショップ「腕試し編・初代 伝説級」の対象曲。HARDをAAA+かつフルコンすることで通り名をゲットできる。
    HAERETICUS/D.J. Amuro Vs MAX MAXIMIZER
    • limelightにて開催されたIIDXとの連動イベント「Lincle Link」第5弾(2014年5月14日終了)での最終解禁。limelightの事実上のラスボス。
    • HARD譜面は登場から年月が経った現在でも最難と謳われるほどの突き抜けた難度を誇る。
    • そのためか、coletteのオーダーショップに存在する「腕試し編・伝説級」で唯一フルコンボを要求されなかった。AAA+ランクを要するので、達成難易度は変わらず。
    STULTI/MAX MAXIMIZER vs DJ TOTTO
    • 私立BEMANI学園でのイベント解禁曲。Rb的にはラスボスっぽいがこのイベントではそうでもなかった。
    • いきなりボス曲でデビューしたてのDJ_TOTTOとコラボした結果、DJ TOTTOが「無駄に激しくボスボスしい曲」と言うほどの曲となる。
    • Rbを含めた殆どの機種で、兎にも角にもトリル(高速交互押し)複合がこれでもかと降り続ける。Rbの場合はオブジェ速度も両極端。
    ARACHNE
    • colette Spring「コレットガーデン」の前半部最終解禁曲。
    • 他に見劣りしがちだが決して簡単でもなく、擬似混合フレーズが嫌らしい。
    CLAMARE
    • colette All SeasonsのFINAL専用曲ならぬ、FINAL ROUND専用イベント「PASTEL WONDER ADVENTURE」でのラスボスJOKERの持ち曲。連動イベントを除けばcolette全体でのラスボスになると思われる。
    • 未解禁状態ではREFLEC BEAT初のライフ制ルールで挑むことになるボスフォルダイベントの終点にHAERETICUSに並ぶとまで言われるHARD譜面を引っさげて鎮座し、数多くの到達者を葬り去る。
    Miseria
    • groovin'!! Upper「PASTEL WONDER QUEST」のエリア10で解禁できる曲。
    • 初の声ネタを絡めたメタル。譜面の属性が多様なせいか、その難易度はARACHNE並ともSTULTI以上とも言われている。
    Rebellio/MAX MAXIMIZER vs DJ TOTTO
    • 2016KAC決勝2曲目で初登場した、リフレクでの難易度の上限を破ってしまった曲。
    • その難易度は、7/10/13と、VOLZZAから12段階に細分化されたのだが、早くもその壁を壊した。
    • VOLZZAから新登場のスライドオブジェクトは少なく、BASICとHARDに至ってはバーティカルオブジェクトすら無い。
    • 曲調は、誰が聴いてもラスボス曲と思うように激しい。構成としてはSTULTIと似ているが、低速地帯に時計の秒針の音が使われていたりもしている。
    • VOLZZAでは、リフレクダービーの予想が的中した人のみで解禁されていたが、2か月後のVOLZZA 2のガレージで、VOLZZA KEY99個で解禁できるようになった。

正体




 ※ネタバレ注意













MAX MAXIMIZERの正体は、REFLEC BEATの元サウンドディレクターであるQrispy_Joyboxこと伊山達也氏。
Qrispy Joyboxはファンタジックでかわいらしい音使いが特徴であるが、
KAC2011のREFLEC BEAT部門決勝のUst放送中「Qrispyさんは誰とコラボしてみたいか」との質問に対し、「MAX MAXIMIZERさん」と答えたところ、DJ YOSHITAKAに「明日にでもできるんじゃないんですか?」と返され、暗喩的にばらされる。
(コラボレーションとなるとスケジュールもある上、打ち合わせなどがあり、すぐにでもと言うのは到底不可能に近い)

先述した私立BEMANI学園での代理出演はQrispyがこなしており、番組内でのQrispyの座席の位置=学園HPでのMAX MAXIMIZERの座席の位置など、彼の正体はすでに暗黙の了解と化している。

余談だが、ギタドラXG2ではすでに「Qrispy Joyeuse」なる名義で激しいメタル曲を作ったことがある。EXTRAボス曲でこそなかったものの、ブラストビートとツーバスとハイハット刻みがすんごい速く、下手なボス曲よりもはるかに難しい。
リフレクにも、Qrispy Joybox名義ではあるが、MM名義に近いギター音、ピアノのメロディーのliccaがある。ジャケットにパステルくんはいない(パステルくんがいないQrispy Joybox名義の楽曲ジャケットはcoletteの梅雪夜以来2度目)。難易度は、Qrispy名義初のHARD10+(VOLZZAにて11に)。
その系統として、jubeatにNiflheimrもある。EXTREMEの難易度は10。

更に、2015年8月のBEMANI SUMMER DIARYでは、ギタドラ(&リフレク)のBELLSにて楽園の囚人としてあさきとコラボレーションした楽曲がある。激しいロックな曲調で、ここまでならあさき主導の元と考えられない事はないが、コラボの相手が『タツ』、正式には達也と言う人である事。ギタドラの裏機種のリフレクはQrispyの代表機種としても知られる上、BEMANI生放送(仮)第96回で達也紹介の時に『背徳と~~の番人』と紹介してしまった。(私立BEMANI学園でのMAX MAXIMIZERの紹介)
REFLEC BEAT VOLZZA2に「Winter Gift ~クリスピーからの贈りもの~」が収録されているが、BEMANI生放送の曲紹介の時に『チューニング完了につき』とのコメントが付けられていた。
ちなみにあさきと達也のコラボレーションは早くから決まっていたとの事だが、多忙とギターのチューニングに時間が掛かり、曲発表に遅れたとの事。
(その頃からQrispyはBeatStreamの描き下ろしなどがあった)
この事から、 Qrispy Joybox=伊山達也=MAX MAXIMIZER がほぼ決定されたと言ってよい。

そして、2016KACでは、DJ TOTTOがRebellioのPVの後にQrispyと言ってしまいそうにもなっていた。更に、宣伝部の田中さんがニコニコ生放送のコメント「一体何スピーなんだ・・・」に「関係無いですからね!」とツッコミを入れていた。(その後TOTTOも一喝している)

なお、QrispyはBeatStreamにKAC決勝曲として「CHERNOBOG」を「漆黒のEBONY」名義で発表している。因みに、難易度は5/9/10+/

寧ろ最近はどこぞのスターのように満更隠す気はないようにも見える。

pixivに投稿された作品 pixivで「MAX_MAXIMIZER」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21877

コメント