ピクシブ百科事典

five_nights_at_freddy's3

ふぁいぶないつあっとふれでぃーずすりー

Five nights at ferddy'3(以下FNAF3)とはScott Cawthonが開発したホラーゲーム。
目次[非表示]

ゲームシステム

過去2作と同じで、警備員室の監視カメラで敵の動向を監視し、生き延びるのが目的。

本作の敵は音に敏感で、音が鳴ったところへ行ってしまう。
監視しているところでボタンを押すと少し怪しい声が聞こえるのだが、この特性により人形がそこへ移動するため、これを利用しての回避が可能。

オーディオや空調にエラーが発生するようになり、オーディオは監視カメラが一定時間使用不可に、空調は主人公の居場所に警報が鳴ってしまうため、敵を引き寄せることになってしまう。

ストーリー

Freddy Fazbear's Pizzaがそのドアを閉ざしてから30年後。
その場所で起きた出来事は、もはや噂と子供時代の記憶にしか残っていない。
しかし"Fazbear's Fright: The Horror Attraction(ファズベアーズの恐怖)" のオーナーは、常連客のために、可能な限り本物に近い体験を作ることを決断した。
長い時間をかけて、かつて放置され失われたものを集め、伝説を蘇らせる、と。

最初は外殻、手、フック、古い紙プレートの人形だけだったが、しかしその後驚くべき発見がなされた……

そのアトラクションには、今 一体の機械人形がいる。

登場する人物

警備員
今作の主人公。プレイヤーの分身。前作、前々作と違い、名前が不明。性別も不明(空調エラーを起こした際の呼吸が男性らしいが)

オーナー
ファズベアーフライトのオーナー。今作の説明役。
店内を彩る不気味な備品を探すのに精を出している。第2夜の言葉を最後に、第3夜から一切登場しなくなる。

電話の男
フレディ ファズベアーズ ピザのアニマトロニクスの教育係と思われる男。
今作では、彼から電話がかかるのではなく、オーナーが見つけたカセットテープで声を聞くこととなる。

登場する敵

スプリングトラップ

本作の敵。見た目はボニーが黄色になったようなもの。
30年も放置されていたためかボロボロに朽ちており、骨格等が剥き出しになっている。
音に非常に敏感で、音の発生地点に移動する特性を持つ。

ファントム

スプリングトラップ以外の敵は全てファントム(幻影)となっており、登場もしくは触れてもエラー(主に空調)が発生するだけで直接ゲームオーバーにはならない。

  • ファントムフレディ
  • ファントムチカ
  • ファントムフォクシー
  • ファントムBB(バルーンボーイ)
    • 彼らは過去作のものと似ているが、おそらく別の存在と思われる。

  • ファントムマングル
    • どこかのカメラ内に登場し、見つけてしまうと以降は警備員室にその幻影が登場。廊下が見える窓に張り付いて顔を覗かせながらノイズを発し、オーディオのエラーを発生させる。

  • ファントムパペット
    • 第3夜から出現。カメラを見ていると現れるが、確認しにくいため襲われやすい。襲撃モーションが長く、また拘束されている間はモニターが見られないため非常に厄介。


関連タグ

FNAF

pixivに投稿された作品 pixivで「five_nights_at_freddy's3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21142

コメント