ピクシブ百科事典

スプリングトラップ

すぷりんぐとらっぷ

スプリングトラップ(Springtrap)とは、five_nights_at_freddy's3に登場する機械人形(アニマトロニクス)の一体である。
目次[非表示]

概要

five_nights_at_freddy'sの店舗が閉店してから30年後。
その店舗で起こった忌まわしい事件を基に、新しく作られたホラーアトラクション、「ファズベアーズ・フライト」のオーナーが、
閉店した店舗の秘密の部屋から発掘した、忘れ去られたアニマトロニクス。
見た目は金色のボニー(bonnie)のようだが、オーナーが同じく発掘したカセットテープの内容によると、最初期に作られた人形の一体で、自立移動モードと、
クランクを開いて中に人が入って操演する事ができる着ぐるみモードの、2つのモードが搭載された、ハイブリッドなアニマトロニクスである。
しかし。アニマトロニクスの構造上、着ぐるみモードが欠陥だらけであり、些細な事でクランクが閉じ、中に入った人間がグロい感じになってしまう(談:カセットテープの男)。
カセットテープの内容によれば、その欠陥のせいで事故が起きたため、あっさりと廃棄されてしまったとの事。
30年以上も放置された影響か損傷は極めて酷く、片耳は欠け、ボロボロになって穴の開いた箇所から血管のように青と赤のコードが飛び出しており、薄気味悪い笑みとあいまって非常におぞましい。
そして何より、生々しい灰色の瞳がとても印象的である。

本編での活躍

本編では第2夜から行動を開始し、プレイヤーのいる警備員室へ向かって来る。
five_nights_at_freddy's3で実体として襲ってくるのは彼のみだが、彼の出現と同調するように人形たちの幻影が襲い掛かってくるようになる。
(この時襲ってくる人形達の幻影は極限までに汚く汚され、スプリングトラップの同じような生々しい灰色の瞳でプレイヤーに襲い掛かってくる)
夜を明かすごとに積極的に襲い掛かってくるようになり、ダクトを通ってショートカットしてきたり、Ver1.03以降は直通できないはずの部屋間をまるでテレポートするかのように一瞬で移動する。
警備員室の手前まで迫り、窓や扉越しにこちらを覗き込む姿は非常に恐ろしい。



関連イラスト

スプリングトラップ
Springtrap




関連タグ

five_nights_at_freddy's five_nights_at_freddy's3
アニマトロニクス









































ネタバレ
スプリングトラップの中には、かつての店舗で児童誘拐、及び殺害を行った紫の男が入っている。
ゲームオーバーなどの画像から判明するが、生々しい瞳の正体は中に入っている紫の男の眼である。

It's time to die …












































以下、Five Nights at Freddy's Sister Locationの最後に待ち受けるネタバレが記載されています。








































Sister Locationのアップデートで追加されたカスタムナイトの最高難易度【Golden Freddy V.Hard】をクリアするとある事実が発覚する。








































彼は焼け残っている。
















以下、Five Nights at Freddy's最新作 Freddy Fazbear's Pizzeria Simulatorのネタバレが記載されています。













前作の最後で焼け残ったことが判明した彼だが今作で再登場を果たした。
担当声優はPJ Heywood
3日目にあたるWednesdayにて路地裏に投棄されていた彼が回収されて登場。
ただでさえボロボロだった見た目が火事の影響かよりいっそうボロボロになっており、頭部からは頭蓋骨のような物が見えている…。
3の時とボロボロ加減抜きにデザインが多少異なっており、全体的にスマートになり鼻の形や彼の特徴だった生々しい灰色の瞳が金属球に点を描いたかのような物になり4に登場したPlushtrapに近い見た目になっている。







以下、Freddy Fazbear's Pizzeria Simulatorの更なるネタバレ


















Fazbear's Frightの火事を生き延びてしまった彼だが今作のエンディングの1つで再び火事にあっている。
そのまま灰になって、地獄の釜に直行していればいいのだが…







そしてスタッフロールでは…













スタッフロールにはSpringtrapという名前は無い





無い



無いのだが…























スタッフロールでPJ Heywoodの担当したキャラクターの名前がWilliam Aftonであることが判明する。
クレジットの順番や声から察するに、このWilliam Aftonこそがスプリングトラップの中身、児童行方不明事件の犯人の方の紫の男の名前である可能性が非常に高い

pixivに投稿された作品 pixivで「スプリングトラップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1127116

コメント