ピクシブ百科事典

five_nights_at_freddy's2

ふぁいぶないつあっとふれでぃーずつー

『five nights at freddy's 2』とは、Scott Cawthonが開発したホラーゲーム・『five nights at freddy's』の続編である。
目次[非表示]

ようこそ、新装開店したFreddy Fzabear's Pizzaの夏季業務へ! 歓迎するよ!


ストーリー

前作five_nights_at_freddy's(1993年)から遡る事6年前、
1987年、アニマトロニクスにまつわるある事件を境に経営が傾いていたフレディファズベアーズピッツァは、騒ぎの発端となった旧型人形に代わって新型アニマトロニクス"トイシリーズ"を開発、再起に向けて新装開店した。
新聞の一面でファズベアーズピッツァの新装開店に合わせたアルバイトの求人を見つけた主人公は、この店に隠された恐ろしい事実を知らぬまま夜間警備のバイトに就くことになった…

ゲームシステム

12時から6時まで警備室に座り、監視カメラで店内を見回しながら人形達の襲撃から身を守って5日間生き残るという基本的システムは前作と同じ。だが、ゲームとしての仕様は大きく変わっている。

まず、襲ってくる人形の数。前作では隠しキャラのゴールデンフレディ含めて5体だったのが、本作では何と11体(隠しキャラも含むと何と15体!)まで増えている。

次に、警備室の作り。人形達は真正面の出入り口と左右両サイドのダクトの計3箇所から侵入してくる。さらに前作で大事な防衛手段だったドアシャッターが無く、人形達は警備室に入り放題になっている
代わりにプレイヤーの手元には廊下を照らすライトと梁等の中身が無いフレディの頭が置いてあり、向かって来る人形にはライトを当てて進攻を遅らせ、部屋まで来られた際はとっさにフレディの頭を被る事でやり過ごせる。
被るのが間に合わないと人形に襲われゲームオーバーとなってしまい、また一部の人形はフレディの頭が通用しないのでライトでの牽制で押さえ切らなければならない。

さらにもう一つ忘れてはいけないのが、監視カメラからの遠隔操作で巻くオルゴール。これは人形の1体"パペット"をおとなしくさせる為のもので、ネジを巻き忘れるとパペットが目覚め問答無用でゲームオーバーとなってしまう。


登場キャラクター

登場人物

ジェレミー・フィッツジェラルド
当作の主人公。新聞の一面に警備員募集の求人が載っていた為夜間バイトをする事になった。前作同様喋らないし、超安価な給料(ちなみに前作より安い)と超危険な仕事なのに、毎日遅刻せず勤務している。

フリッツ・スミス
カスタムナイト(第7夜)で操作する警備員。初日から人形達をいじってクビになる。一体何がしたかったのか。解雇通知には「人形を勝手にいじったこと」と「臭い」が解雇の理由と書かれている。

後続作で多くの伏線が回収された現在では、マイケル・アフトンと同一人物であるとする説が有力視されている。
マイケルはこの時点でゾンビのような腐敗した紫の身体であるため臭いだろうし、アニマトロニクスの中にいるとされている父親を探しているため、アニマトロニクスのAIを弄ったとしても不思議は無い。

電話の男
警備員の前任者。電話でアドバイスしてくれる。


紫の男
ゲームオーバー時にたまに現れるミニゲーム内で登場する、全身紫色の謎の人物。
そのミニゲーム内の描写から「彼こそファズベアーピッツァで起こった事件の主犯であり、人形達が警備員を襲うようになった元凶ではないか」と推測され、本作含むFNAFシリーズの物語を追う上での超重要人物として様々な考察がされている。



マスコットキャラクター


トイシリーズ

新装開店に合わせてリニューアルされた新型人形。旧型はガワの表面がフェルト生地っぽいふわふわボディだったのに対し、こちらは名の通りおもちゃの様なプラスチック質のガワになっている。

トイボニー

「うふふふ。。。あなたは僕のもの。。。」


リニューアルされた新型ボニー。色が青紫から明るい水色に変えられ、顔も大きな目にまつ毛が足される等、もはや元のボニーとは別人レベルのデザイン変更がされている。

トイチカ

無題


リニューアルされた新型チカ。眉毛が細くなり腰にセクシーなくびれがつく等、より女の子らしいデザインに変わっている。・・・が、夜動き出すと目がアイレス状態になる上クチバシが取れてワケの分からん生物になってしまう。

トイフレディ

トイフレディ


リニューアルされた新型フレディ。トイシリーズの中では比較的変更点が少ないが、ぷっくりとした顔つき等かなり可愛いデザインになっている。可愛すぎてキルモーションがあんまり怖くないと言われるのが悩みだとか違うとか・・・。

マングル

The Mangle


トイボニーに引けを取らないくらいデザイン変更された新型フォクシー。が、子供達に壊されてバラバラになってしまい、挙句店側からは直されるどころか「バラバラにして勝手に組み立てて遊べるおもちゃ」として扱われた結果、体がエライ事になってしまっている。性別がオスなのかメスなのか不明。

バルーンボーイ(BB)

仕事やだ


本作で初登場した人間の男の子がモチーフのアニマトロニクス。
移動する度に「hahahaha!」「Hello!?」「Hi!」等と愛らしい声を出す。
部屋に侵入を許すと彼自身は襲ってこないが、延々笑い続けその笑い声で他の人形を呼び寄せ、加えてライトが使用不能になってしまう。
そして、他のアニマトロニクスの中にはフレディの頭でやり過ごせない奴がいる為、十中八九ゲームオーバーになるという嫌らしいキャラである。


パペット

FNAF


ピエロの顔をした人形。プライズコーナーのびっくり箱の中に入っており、オルゴールを巻き忘れなければ現れる事はない。が一度でもオルゴールを巻くのが遅れ箱から出てしまうと止める手段が無く、フレディの頭も通用しないので確実にゲームオーバーになる。
ちなみに詳しい理由は不明だが、オルゴールに使われている曲は”大きなのっぽの古時計”のサビの部分。ミニゲームにて機械人形達が警備員をガワに詰めるようになった原因を作ったような描写がある。


オールドシリーズ

Five Nights at Freddy's 2


新装開店前に稼働していた旧型の人形達。
予備パーツとして保存されており、損傷が酷い。
後にFNAF1でお馴染みの姿に改修される。

フォクシー
一足お先に2日目から動き出す。五体満足ではあるもののガワの損傷は前作よりもひどい。
何を隠そうパペットを除いて唯一フレディの頭での擬態が通用しない相手であり、ライトでの牽制をし忘れると自慢の俊足で一気に警備室に突っ込んでくるという安定の曲者ポジ。その特性上BBの侵入を許すとほとんどの場合彼が盗塁してくる。何だこのコンビネーション?

ボニー
チカ、フレディと共に3日目から動き出す。片腕と頭の前半分がごっそり無くなって骨組みの目が赤く光っているという、どっかのSFの敵キャラにでも出てきそうな姿になっている。
トイシリーズと同様フレディの頭でやり過ごす事はできるものの、判定がシビアで一瞬でも遅れるとバレて死んでしまう。なおこのシビアさは後述の2体も同じ模様。

チカ 

おーるどちか


ボニーやフォクシーと並んで損傷が激しく、両手が無く目は見開きっぱなし、アゴも外れて口裂け女の様な超おっかない姿になってしまっている。

フレディ
他の旧型人形と比べると損傷は少ないが、それでも前作のフォクシーと同じくらいボロボロ。
またトイシリーズに比べて少し大きいのか、前のめりの姿勢で廊下を進んでくる姿が妙に貫禄がある。


幻覚

時々幻覚として襲いかかってくる人形達。
性質や正体等がよくわかっておらず、考察のタネになることが多い。

ゴールデンフレディ

You should be golden


前作にも登場した金熊さん。ただし今回ではゲームをクラッシュさせず、ちゃんと殺してくる。前作よりボロボロになっており、配線などがむき出しになっている。幻覚の中では唯一カスタムナイトでAIレベルが設定できる。

シャドウフレディ
極稀に現れる幻覚。本来オールドシリーズの初期位置である部品部屋に超低確率で現れる。見た目はゴールデンフレディの色違いみたいなキャラ。ずっと見ているとゲームがクラッシュしてしまうので注意。明るさ補正をかけると紫色をしているから、パープルフレディと呼ばれることもある。

シャドウボニー(RWQFSFASXC)
極稀に現れる幻覚。カメラを下げると超低確率で警備員室の左に立っている。見た目は本当に真っ黒なトイボニー。同じくずっと見ているとゲームがクラッシュするので注意。いなくなるまでフレディの頭を被ればOK。

Endo−02
人形達の内骨格。幻覚なのかどうかもよくわかっていない謎の多いキャラ。見ていても特に害はない。プライズコーナーと左ダクトに超低確率で現れる。

机の下のBB(JJ)
極稀に机の下に紫色のBBが現れることがある。放置しても害はない。正式名称は後にJJであることが判明した。


余談

約一年前の話となるが、人気実況者である兄者弟者の弟者が珍しく無言でゲームをしたゲームでもある。




関連イラスト

FNaF
FNAF


関連タグ

five_nights_at_freddy's FNAF2

pixivに投稿された作品 pixivで「five_nights_at_freddy's2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77844

コメント