ピクシブ百科事典

紫の男

むらさきのおとこ

Five_Nights_at_Freddy'sシリーズに登場する謎の人物。
目次[非表示]

Hello, hello..hello?


Five_Nights_at_Freddy'sシリーズにおける重要人物である。
判明できるのは、ミニゲーム中のみ。
なお、姿は全てドット絵で現わされている為、明確な容姿は不明。メイン画像等はと受け止めてほしい。

初登場はFive_Nights_at_Freddy's2SAVETHEM、Take Cake to the Children、Foxy Minigameの3つのミニゲームに登場する。
それぞれの描写から児童行方不明事件などに関わっている可能性があると思われる
さらに、子供を殺害する描写もあった為、殺人犯であることは間違いない。
SAVETHEMにて低確率で登場する。触れるとYou can'tと言われる。

Five_Nights_at_Freddy's3


毎夜クリアした時に始まるミニゲームでは突如現れたかと思えば、フレディ達をバラバラにするのである。

第5夜をクリアした後、またミニゲームをプレイするのだが、その際の操作キャラクターは泣いている子供であり、紫の男は怯える様に子供達から逃げ惑い、最終的にスプリングトラップのガワを着て逃げ込み、その直後体から血が溢れ紫の男は地面に倒れるという結末である。

Five_Nights_at_Freddy's4


殆ど登場していないがミニゲーム中、店の中でスプリングボニーのアクターにガワを被せている描写がある。

FNAF WORLD

Update 2で登場。勿論今回もドット絵。「敵キャラクターだろうなー」と思われていたが。まさかの味方サイド、しかも強い特にSlasherというスキルが最強の武器で、10%の確率で敵全体に99999ダメージを与えるというとんでもない性能で、更にボスにも通用する。
解禁条件は「FNaF 57をパワーアップアイテムを全て回収してクリアする」。
フレーバーテキストは「I take 10 seconds to draw!(オレは10秒で描ける!)」。
描けなくもないが、非常に汚い仕上がりとなる。
本人が言うには、どうやら見た目だけの存在であるらしい。

「Don't confuse me with the actual Purple Guy. I'm just a game sprite.(オレを実際のPurple Guyと混同しないでくれ。オレは単なるゲームスプライトだ。)」

正体は?

「FNAF_World」にて、スプリングトラップは「可愛いが、殺人鬼」とよばれている。
「sister_location」及び「Freddy_Fazbear's_pizzeria_simulation」にて、その正体はほぼ明らかになっている。
本名はウィリアム・アフトン。
彼は「3」及び「sister_location」の主人公であるマイケル・アフトンとその妹エリザベスの父親であり、スプリングボニーのスーツアクターである。
つまり、スプリングボニーの解説をしていた「電話の男」の正体でもあると推測できる。
彼はスプリングボニーを演じながら子供を誘拐しては殺害し、アニマトロニクスにその魂を宿らせていた。その理由は不明だが、エリザベスによると「完全なアニマトロニクス」を産み出そうとしていた模様。
最初に殺したのは「2」のミニゲームにて「フレッドベアズファミリーダイナー」の外に閉め出された少女。彼女は全アニマトロニクスの開発者であり、「FFPS」にてカセットマンと呼ばれる男「HRY」の娘である。
その後、五人の子供を殺害しフレディ、ボニー、チカ、フォクシー、ゴールデンフレディにその魂を宿らせていた。
しかし、「3」のミニゲームの通り子供達の亡霊(恐らくフレディらアニマトロニクス達)に追い詰められ、スプリングボニーに入ってアニマトロニクスに擬態しようと試みるが、スプリングロックが外れ死亡した。しかし、スプリングトラップとしてよみがえった彼は何故か「3」で息子を殺そうとするのだった。

「3」のエンディングで火災に巻き込まれるも生き延びる。

「FFPS」でも息子が運営する新店舗にやってくるが、どこかに潜んでいた「HRY」に新店舗ごと燃やされた。

「Ultimate_custom_night」のOld_manのミニゲームで流れる不協和音を10倍速にすると
「マアアアアアイク、ヘンリイイイイイ、ヘエエエエルプ!」
という燃やされた際の彼のものと思わしき断末魔が聞こえる。

もう一人の紫の男

彼の名はマイケル・アフトン。
殺人鬼ウィリアム・アフトンの息子。技術者であり、Freddy Fazbear's pizzaの姉妹店に勤めていた。
五日間の間、アニマトロニクス「サーカス・ベイビー」に宿っていた妹エリザベスの声に従い生き延びていた。しかし、五夜目に裏切られ、ベイビー含むアニマトロニクスの内骨格と魂の融合体「エナード」に体内に入り込まれ自らをガワにされてしまう
紫色に光る目を持つ怪人になってしまった彼は地上へと出るが、やがて皮膚が腐敗して紫色になり、エナードを吐き出して倒れてしまう。
死んだかと思われたが、エリザベスの「あなたは死なない」という言葉により謎の復活を遂げる。
そして「sister_location」エンディングの独白で「父や子供達の成れの果てを(ファズベアズフライトで)見つけた。しかし、子供達(ファントムシリーズ)に父と間違えられ(て襲われ)た。エリザベス(サーカス・ベイビー)も元に戻(サルベージ)しておいた。自分が何故生きてるかもわからない(意訳)」と語る。

「sister_location」の続編であり、時系列では最も未来の物語である「FFPS」では同作の主人公も彼であること、更に言うと「4」「FNAF_World」以外のシリーズ全作の主人公の正体も彼であることが示唆されているが、明言・明記はされていない。

もし、この仮定が正しければ、最悪な父をもち妹に裏切られ身体が腐っても****誰も恨まず、犠牲になった魂を救うために超低賃金で尽力した聖人という、父とはまるで違う人格ということになる。


二次創作では

イラストやファンメイドソングなどで紫の男=凶悪殺人鬼として描かれる事が多い。その影響で極悪人として扱われる様になった。しかし、本当にそうとは限らない(殺人犯であるのは確かだが)もしかしたら何か理由があって殺人犯になったのかもしれない。
つまり、何が言いたいのかというと、好き嫌いは自由だが、まだ本当に極悪人かは決まって無いのでそこを気を付けて欲しい。と、いうことである。もう一度言うが、未確定の情報は未確定の情報として扱ってほしい。


関連イラスト

Die in a Fire
Purple Guy


ぱーぷるがいを少々
The Red Ending



関連タグ

Five_Nights_at_Freddy's Five_Nights_at_Freddy's2Five_Nights_at_Freddy's3




























…分かっているだろうが、スプリングトラップの中にいるのは











「…it's me」

It's time to die …

pixivに投稿された作品 pixivで「紫の男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 559340

コメント