ピクシブ百科事典

紫の男

むらさきのおとこ

Five_Nights_at_Freddy'sシリーズに登場する謎の人物。
目次[非表示]

Hello, hello..hello?


Five_Nights_at_Freddy'sシリーズにおける重要人物である。
判明できるのは、ミニゲーム中のみ。
なお、姿は全てドット絵で現わされている為、明確な容姿は不明。メイン画像等はと受け止めてほしい。

初登場はFive_Nights_at_Freddy's2SAVETHEM、Take Cake to the Children、Foxy Minigameの3つのミニゲームに登場する。
それぞれの描写から児童行方不明事件などに関わっている可能性があると思われる
さらに、子供を殺害する描写もあった為、殺人犯であることは間違いない。
SAVETHEMにて低確率で登場する。触れるとYou can'tと言われる。

Five_Nights_at_Freddy's3


毎夜クリアした時に始まるミニゲームでは突如現れたかと思えば、フレディ達をバラバラにするのである。

第5夜をクリアした後、またミニゲームをプレイするのだが、その際の操作キャラクターは泣いている子供であり、紫の男は怯える様に子供達から逃げ惑い、最終的にスプリングトラップ]のガワを着て逃げ込み、その直後体から血が溢れ紫の男は地面に倒れるという結末である。

Five_Nights_at_Freddy's4


殆ど登場していないがミニゲーム中、店の中でスプリングボニーのアクターにガワを被せている描写がある。

FNAF WORLD

Update 2で登場。勿論今回もドット絵。「敵キャラクターだろうなー」と思われていたが。まさかの味方サイド、しかも強い特にSlasherというスキルが最強の武器で、10%の確率で敵全体に99999ダメージを与えるというとんでもない性能で、更にボスにも通用する。
解禁条件は「FNaF 57をパワーアップアイテムを全て回収してクリアする」。
フレーバーテキストは「I take 10 seconds to draw!(オレは10秒で描ける!)」。
描けなくもないが、非常に汚い仕上がりとなる。
本人が言うには、どうやら見た目だけの存在であるらしい。

「Don't confuse me with the actual Purple Guy. I'm just a game sprite.(オレを実際のPurple Guyと混同しないでくれ。オレは単なるゲームスプライトだ。)」

正体は?


殆どが謎に包まれている。明確に「こういう人物」とは言えないが、Freddy Fazbear's Pizzaの人間であると思われる。また考察では毎夜、主人公に話しかけていた電話の男ではないかと言われている。
更に、無印の主人公であるマイク・シュミットFive_Nights_at_Freddy's2カスタムナイトを担当している警備員、フリッツ・スミスも紫の男ではないかと思われる。
紫のと表記しているが実際は性別も不明である。しかし、ファンメイドのイラストではやはり殆どが男で描かれる。
明確に言えるのは殺人犯であるという事だけである。それ以外の事は考察なので、未確定の情報は未確定の情報として扱ってほしい。

二次創作では

イラストやファンメイドソングなどで紫の男=凶悪殺人鬼として描かれる事が多い。その影響で極悪人として扱われる様になった。しかし、本当にそうとは限らない(殺人犯であるのは確かだが)もしかしたら何か理由があって殺人犯になったのかもしれない。
つまり、何が言いたいのかというと、好き嫌いは自由だが、まだ本当に極悪人かは決まって無いのでそこを気を付けて欲しい。と、いうことである。もう一度言うが、未確定の情報は未確定の情報として扱ってほしい。


関連イラスト

Die in a Fire
Purple Guy


ぱーぷるがいを少々
The Red Ending



関連タグ

Five_Nights_at_Freddy's Five_Nights_at_Freddy's2Five_Nights_at_Freddy's3




























…分かっているだろうが、スプリングトラップの中にいるのは











「…it's me」

It's time to die …

pixivに投稿された作品 pixivで「紫の男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 410578

コメント