ピクシブ百科事典

クロスボウ

くろすぼう

クロスボウとは、矢を飛ばす武器の一種である。銃のように構えて放つことができる、強力な弓。
目次[非表示]

概要

クロスボウとはを飛ばす武器の一種であり、非常に高い威力を持つ。
弓床と呼ばれる台の先端に、弓が交差するように取り付けられている。
弦は機械仕掛けによって固定され、引き金を引くことで開放される。
クォレルやボルトと呼ばれる専用の小型矢を使用する。

東アジアではと呼ばれ、主に中国歴代王朝の軍において広く使用された。
また古代日本においても、「おおゆみ」「いしゆみ」と呼ばれ、使用された記録がある。→

ありふれたクロスボウ


※このように矢をつがえる。

弓はその強さが増すほどに、人力によって引くことが困難になってゆくが、クロスボウの場合、構造の関係から腕力ではなく背筋を使って引くことができるため、弓としては極めて強力である。
さらにテコや巻上げ機などの器具・機械を併用する事ができ、これらを用いることにより、人力では引くことが困難な程の威力の弓であっても、比較的容易に、その使用を可能とする。
また、台座に照準器を取り付けることにより、狙いがつけやすくなる。

狩猟のための道具として生まれ、後に武器としても使われるようになった弓とは違い、クロスボウは完全に兵器として開発され、発達してきた器械である。
弓の一種としてカテゴライズされる事が多いが、その扱い方は弓とは一線を画し、むしろに近い。

クロスボウの利点と短所

利点

弓が狙いをつけている間、両腕で弦を引き続ける必要があるのに対して、クロスボウは機械仕掛けで固定されるため狙いをつけるのが容易になる。
そのため扱いこなす為に要する訓練期間が弓よりも短く、さらに一旦矢を番えておけば、小型軽量のものであれば片手でも扱えるため、もう片方の手を自由に扱えるなどの利点を有する。

欠点

構造が複雑で壊れやすい。
次の射撃までに時間がかかる。
騎乗してのクロスボウの使用は、狙いが定めにくい、馬上では矢の装填が困難であるという理由から、広くは行われていない。

戦場におけるクロスボウの運用法

戦場においては、野戦よりも主にや砦の防衛戦で多用されたが、防護用の大型のを設置し、射手を敵側の攻撃から防護する、陣形内で役割を決め、射撃速度を上げる等の工夫により、野戦でも使用されている。

派生

構造の特性から、矢だけに留まらず、鉄球、果ては火炎瓶爆弾等を射出可能な物まで生み出されている。
事実、第一次世界大戦においては、グレネードを射出する道具として、クロスボウが使用された記録が存在している。

また、クロスボウを大型化した攻城兵器も存在する。
ローマ帝国では「バリスタ」と呼ばれる巨大なクロスボウをに曳かせることで、城の兵士を城壁ごとぶち抜くなどといった攻撃が行われた。

連射式クロスボウ

クロスボウは強力な武器であるが、次の射撃までに時間のかかる武器でもあった。
その「次の射撃までにかかる時間」を、何とか短縮できないか・・・という事で、考え出されたものが連射式クロスボウである。

種類として、弓床に矢を収める箱を取り付け、一射ごとに矢が落ちてくる仕掛けになっているもの、
矢をつがえる台座と弓を、単純に重ねたもの等がある。

連続発射が可能であるため、通常のクロスボウと比べて、次の射撃までにかかる時間は短いが、反面、威力が犠牲となっている事が少なくない。

なお、東アジアにおいては、連射式クロスボウのことを「連弩」と呼ぶが、「矢を連射できる弩」だけでなく、「複数本の矢を一度に放つ弩」についても、連弩と呼ぶ事があるため、注意が必要である。
(例:漫画『ダブルアーツ』の「号泣する雨」、『SDガンダム三国伝』の「弩弓乱射砲」など)

フィクションにおいては、「ベルセルク」の主人公、ガッツが、左手の義手に装着するものが有名である(ただし作中ではボウガン表記)。

歴史

ヨーロッパ地域では、古代ギリシア時代に使用された「ガストラフェテス」にまでその歴史を遡る事ができるが、武器として広く使用されるようになるのは、11世紀以降の事である。
12世紀頃、ローマ法王によって「キリスト教徒への使用を禁じる」令が出されるも、実際には異教徒に対しても、キリスト教徒に対しても区別なく使用され続けた。
その後、銃器の性能が向上し、諸国の軍隊で大規模に採用されるようになる16世紀頃まで、クロスボウは戦場で用いられ続けた。

アジア地域においては、中国大陸において盛んに使用された。
特に、春秋戦国時代以後の、中国歴代王朝の軍隊で多用されており、火器が広く普及した明代や清代まで、弓と併用されながら使用が続けられた。

日本には奈良時代頃に持ち込まれ、軍の装備として9世紀頃に盛んに使用されるが、
(※ただし、島根県の弥生時代の遺跡から、「弩のようなもの」が出土しているため、
 奈良時代よりも前の時代から、弩が知られていた可能性がある。)
10世紀以降、専門戦闘集団である武士が台頭し、和弓が用いられるようになってからは廃れ、弩は忘れられた武器となった。

ボウガンという呼称について

クロスボウの通称として、しばしば用いられているボウガンは、株式会社ボウガンの登録商標である。
AR-15のアッパーフレームを換装し、クロスボウとするTAC-15といった商品もある。

クロスボウを使うキャラクター


関連タグ

主要:/ボウガン//バリスタ/ウィリアム・テル
もしかして:ライトボウガン/ヘビィボウガン

外部リンク

クロスボウ - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「クロスボウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393926

コメント