ピクシブ百科事典

シャチ

しゃち

海洋動物の一種。イルカのようなフォルムと体色、クジラのような8m前後の巨体が特徴。愛らしい見た目と仕草で人間を魅了しているが『Killer Whale(殺し屋クジラ)』の異名を持つ。
目次[非表示]

シャチ()とは、クジラの仲間に属する海洋動物である。名称は「幸運」あるいは外来魂を指す「シャチ(サチ)」から。

概要

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属の哺乳類。
平均全長は雄で6〜8m、雌で5〜7m。平均体重は雄で5〜6t、雌で3〜4t。
最大で雄の全長は9.8m(10m近く)で体重は10t、雌は8.5mで体重は7.5t。
背びれだけで2m以上に達する。

グランパスというグループに分類されることがあり、確かに後述のオキゴンドウとユメゴンドウのほか、シャチほどではないが大きさの近いコビレゴンドウ(とくにシオゴンドウまたはタッパナガ型)とヒレナガゴンドウもいる。イルカよりも大きくクジラよりも小さい(イルカとクジラの境目は4 ~ 5m とされるが、シャチはイルカの最大種と言われることがある)。見た目はイルカに近い。別名は逆叉(さかまた)、英語での呼称はオルカ。学名は、ラテン語で「冥界の魔物」を指す。

他のハクジラ同様、歯は噛むよりも獲物を捕らえて丸飲みにする方に適応している(もちろん噛むことも得意)。白と黒なのが可愛い。加えて人間と接するときの仕草も可愛い。

オーストラリア南東岸の「エデンのシャチ」は有名。また、アルビノや白化個体も世界中の海洋で確認されてきた。

2016年現在、少なくとも A~Dまでのリージョンフォームまたは亜種に近い形態が確認されていて、サイズや模様、カラーリング、分布や食性に差がある(参照画像)。これから更に追加される可能性もある。

他の鯨類同様、方言や文化が存在し、個々の名前を持っている可能性がある。

強さに関して

リバイアサン


一見すると大人しそうに見えるが、海外では『Killer Whale(殺し屋クジラ)』、『海の殺し屋』とまで言われ、攻撃力だけでなく知能や索的能力も含めて全般的にポテンシャルが高い(他の鯨類にも言えるので、シャチだけが際立っている訳ではない)。

獰猛なサメから世界最大の動物であるシロナガスクジラまで襲うなど、海では事実上敵なしである。海岸線で休むオタリアに急襲をかけ、海に引きずり込んだりシンクロナイズドスイミングにより大波を起こしてアザラシを氷から落とす映像は有名である。獲物を使ってトレーニングなどをすることもあり、アザラシが20から30mもの空中にまで撃ち上げられたこともある。知能は大変高く、集団で狩りをすることもある。

ホオジロザメの味を覚えた、メスが大半のグループが、その海域のホオジロザメを激減させたという報告も。ただし、歯の磨耗が激しいらしい(捕食者にとって、歯の損傷は致命的)。メガロドンが絶滅したのはシャチの影響という話があるが、むしろ激変する環境にて、シャチとホオジロザメの方がメガロドンよりも適応力に優れていたため、という推測がされている。

これらの強さから、「海のギャング」とも言われ、海での食物連鎖のトップといわれている。

ただし、当たり前だがこれは群れで襲う等の総合的に見た場合の話で、クジラを襲う際は大人には勝てないために子供や弱った個体を狙う、サメを主食としてるものは怪我が多い、毒を持つ生き物によって死ぬことがあるなど全てに無双しているということではない。とくに、中型以上のヒゲクジラやヒゲクジラに近縁のマッコウクジラ、つまり地球上で一番デカい動物たちには、相手が1頭だけだが群れごと蹴散らされたり、一撃で致命傷を負いかねない、大差無い大きさの未成熟のクジラに大人のオスが空中にはね飛ばされるなど、地上の動物たちと同様に、一対一では圧倒的な力の差がある。最新の研究では、とくにザトウクジラがシャチの狩りを、別種の生物を対象にしていても、邪魔する光景が世界中で数多く報告されているが、似たような現象は地上の肉食動物にも草食動物にも見られる戦略の一つであるが、ザトウクジラの場合は襲われた対象を優しく保護するなどが見られる(地上の動物にも見られる)。
また、とくにジブラルタル海峡などで、コビレゴンドウやハナゴンドウなどのより小型種に追いかけられたり追い払われたりする姿も見られている。ゾウアザラシの雄も対抗できるポテンシャルがあるとされている。

もし人間が襲われたとしたらひとたまりもないが、お気に入りの海洋生物しか食べない偏食のシャチは陸上の生き物である人間を食べようとすることはなく、人間に対しては余程のこと(人間がシャチに危害を加えるなど)がない限り襲うことはないと言われている。シャチが人を殺した事例は水族館で飼われていたのが計3人死なせたケースだけしか確認されていない


アイヌの間では「レプンカムイ(沖合の神様)」として信仰されていた。その中に「シハチヤンクル」と「モハチヤンクル」の兄弟がいる。

ちなみに、2016年8月現在、世界最高齢のシャチである北米大陸沖のメスは、タイタニックの沈没の時には既に生きており、今もなおアクロバットを披露する元気者である。飼育下だと、寿命は超絶的に短くなるだけでなくて自殺もする。これは他のイルカも同様。フリーウィリーの様に、飼育下の雄は背鰭が曲がる(野生ではほとんどか全く確認されていない)。ひどい場合は、ジグザグに折れ曲がる。

最近の調査で、シャチは文化によって進化が促された生物であると判明し、これは人間以外では初の確認である。クジラ類には方言や名前の認知、合コン、メンタルケア、生物間を超えた利他、(鯨類同士での)異種姦による新たな種類の発生、人間をも凌駕する可能性のある記憶力、薬物中毒に近い快楽の発見、溺れたりサメに襲われる可能性のある人間の保護、などの優れた行動・生態があり、インドが「第二の人間」と正式に認めるほどの知能と感情を持っている。

なお、知名度のわりには研究中の動物という側面が大きい生き物の一つ(海洋動物には少なくない)であり、この項目内に記入されている内容だけで判断できないものも多い。


食性と分類

食性は多様であるが、上気した通り食物連鎖の頂点ということもあってか、個々のシャチはお気に入りの生き物しか食べない偏食の傾向が強い。クジラが好きなシャチには、クジラの舌、口付近だけを食べ、あとは捨てて放置するものすらいる。主食によって大きく3グループに分類でき、

  • トランジエントイルカや鯨、他の海獣が主食。一般にイメージされるシャチ。これに分類されるシャチは、腹の空き具合次第では大型のクジラも躊躇うことなく襲う。
  • レジデントが主食。
  • オフショア … 回遊しながらいろいろなものを食べる。
と分類されている(が、まだ研究の途中である)。なお、違ったグループ間での交雑は無くトランジエント同士、レジデント同士、オフショア同士で子孫を残す。

残虐性

知能の高さから残虐性を有してると考えられることもある。
捕まえた動物をすぐには食べず弄ぶような行動を見せる(食べないこともある)、上記のクジラを食べる際には舌などの一部しか食べないなどの行動が主に挙げられている。
ただ、子供に狩りを教えている社会性の証とも考えられ、好物のみを食べる行動自体は極端におかしいものでもない。
餌がない場合に食べ残したクジラを食べに戻ることもあると考えられており、まだ研究途中故広まった情報といえる(同様のことはイルカにも言える)。

ちなみに、魚食性のシャチは他の哺乳類を襲うどころか共に行動することもよくあり、遊ぶかのような光景も目撃される。これらの生物が、どうやって安全なシャチとそうでないシャチを見分けているのかはまだ解明されていない。飼育下では、イルカとも仲良くなるが、元々の食性が関係しているのかは不明。

余談

  • オキゴンドウは False killer whale, ユメゴンドウは Pygmy killer whale とシャチに習って命名された。
  • シャチの亜種とかつては考えられた存在に、「アルラホエール」というUMAがいる(茶色やそれに近いカラーリングに星形?の斑点)。カラーリングだけなら、南極海のBグループが比較的近い。UMA界のアイドル?トランコも、シャチと交戦していたことは有名。
  • アイスランドなどに伝わる数多の「悪魔の鯨」には、シャチ型に近い?種類もいる。
  • 日本の周囲では、捕鯨の影響で大半のグループや分布が壊滅・激減したと思われる。
  • 温暖化の影響で、北極海のより奥部にシャチが侵入しており、シャチに免疫がない(というかシャチから逃げるのも一つの目的として北極海に適応した)ホッキョククジラベルーガイッカクがシャチに襲われている。

関連イラスト

鯱
生きもの大集合シール シャチ
おるかふぉーえばー
ベーリング海を征く


架空のシャチ・シャチをモチーフにしたキャラクター

グランパスくん
シャチ丸
ティコ(七つの海のティコ)
カイオーガ(ポケットモンスター)
アクロ(星のカービィ)
サカマタ(逢魔ヶ刻動物園)
極天大聖 魔鯱(悟空道)
ウィリーフリー・ウィリーフリー・ウィリー2
シャチ北斗の拳
赤鯱北斗の拳
銀魂
シャチ(ONEPIECE)
バルカ(炎神戦隊ゴーオンジャー)
地縛神ChacuChallhua・他(遊戯王OCG
橘真琴(Free!)
マーク・シャッチーバーグ(妖怪ウォッチ)

関連項目

動物 海洋生物 哺乳類  ケモノ 海獣 クジラ イルカ
범고래 orca
 逆叉 オルカ キラーホエール
白と黒 白黒

pixivに投稿された作品 pixivで「シャチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4728634

コメント