ピクシブ百科事典

フウロ

ふうろ

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「キミ が 見てる 空の下 みんなが 笑ってるんだよ!」

概要

初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)
イッシュ地方フキヨセシティにあるフキヨセジムの女性ジムリーダーで、ひこうタイプのポケモンの使い手。
彼女に勝利すると「ジェットバッジ」アクロバットのわざマシンが貰える。
名前の由来は「風露草」(フウロソウ)から。

本職は同地フキヨセシティに本拠を置く貨物航空機のパイロット
キャッチコピーは「大空のぶっとびガール」。ぶっとび……

ぶっとびガール
吹 寄 人 間 砲 弾


オチの効いたジムのギミックと、戦闘開始時の台詞などに定評がある。

その口調はふだん常体だが、ときおり敬体がまじる独特なもの。
フウロファンの皆様は殿堂入り後、是非とも彼女に会いに行ってみてほしい。


アララギ博士と博士の父親とは面識があり、貨物機であるにも関わらず飛行機に乗せてもらうよう頼まれている。同じジムリーダーのカミツレとも仲が良い。

デザインは他のジムリーダーと同じくポケモン2Dグラフィック担当大村祐介氏。
当初は姉御肌キャラとして構想されていたが、アロエとキャラが被るとして変更された。
2Dアートディレクター杉森建氏から「可愛くして」とオーダーを受けた等々、いくつかの逸話が各種媒体で披露されている。

容姿

フウロちゃん


小柄だが肉感的な体型をしている。詳しくは後述。

瞳は碧眼、髪は赤髪。髪型は向かって左前方にもしくはプロペラを思わせるリボンで束ねた独特なシニヨンをしており、両サイドのみ垂らしている。
この部分は公式イラストとゲーム中のカットインでデザインが異なり、その結び方は定かではない。

服装はパイロットらしく水色飛行服に身を包み、ごついグローブブーツを装着しているが、ボトムスは見てるこっちが寒くなりそうなへそ出しホットパンツとかなりの軽装備である。
飛行服のデザインはややSFチックだったホウエンの先例とは異なり軍用のものをベースとしているらしく、ベルトパラシュートのように身体に巻き付け、各部のジョイントによって固定している。ただしパラシュート本体は無く、完全なアクセントである。
右腿には、これも軍人風にモンスターボールを収めたマガジンを銃器のように携帯している。

肌は褐色とまでは行かないものの、カミツレ以下多くのイッシュ陣よりも濃い色調で描かれているのもフウロの特徴。
ただし、日本の二次元文化では白~黄色の肌の色をあまり差別化しない傾向にある事から、他キャラと同じ色調で描いたファンアートも少なくない。

「巨乳キャラ」としてのフウロ

フウロ


ゲーム中のドット絵から、公式イラスト発表以前より一部のファンの間で「フウロは巨乳という噂が持ち上がっており、その印象そのままにひときわ豊かな胸として描いたファンアートが数多く投稿されていた。
後に披露された公式イラストでもフウロはやはり巨乳だった!
フウロちゃんマジぶっとび

もっとも、バストサイズでは大柄なアロエがフウロを上回っており、公式イラストによってはマコモの胸も相当なボリュームで描かれているため、別に最大の巨乳キャラというわけではない。
歴代の作品でも杉森氏によるカンナ、海野隆雄氏のアテナなど、はっきりとバストサイズが強調されたキャラクターは幾人も存在してきた。
彼女が注目されたのは、慎ましい部類と見られたカミツレやトウコとの対比によるところも大きかったと言えるだろう。

2012年夏に全国のポケモンセンターで開催されたポケモンカードゲームのイベントでは、ペア参加限定の参加賞として用意されたプレイマットに、シロナNノボリクダリとともにジムリーダー枠からただ一人選出された
しかも、その絵を見る限り、なんだかさらに胸が大きく描かれている感じを受ける。公式絵と比較してもその差は大きく、巨乳のあまり、服に横乳のくびれが浮き出ているほどである。公式に配布・発売されたグッズでは、この描かれ方は他に類を見ない。

単なる服の描き方の違いなだけかもしれないが、ポケモンキャラとしては異例の年齢と体形のバランス崩壊であったと言える。
つまるところ、彼女の胸は見る者と描く者の数だけ可能性を秘める胸だということであろう。

使用ポケモン

BW

名前レベルタイプ使用技
ココロモリLv.33エスパー・ひこうドわすれ・ハートスタンプ・アクロバット・ダメおし
ケンホロウLv.33ノーマル・ひこうかまいたち・にらみつける・でんこうせっか・エアスラッシュ
スワンナLv.35みず・ひこうアクアリング・バブルこうせん・エアスラッシュ・つばめがえし

BW2
名前レベルタイプ使用技
ココロモリLv.37エスパー・ひこうメロメロ・ハートスタンプ・アクロバット・ダメおし
エアームドLv.37はがね・ひこうエアカッター・はがねのつばさ・みだれづき・こうそくいどう
スワンナLv.39みず・ひこうバブルこうせん・エアスラッシュ・はねやすめ・フェザーダンス

すべてひこうタイプ。でんきいわタイプがいればさほど苦戦はしない。
ポカブを選んだ人は、チャオブーに進化するとかくとうタイプを持つため要注意。
BW2では、ケンホロウに代わりエアームドが登場するので、ほのおタイプのわざで攻めても良い。

PWT(イッシュリーダーズ)

PWT(ワールドリーダーズ)

アニメでの活躍

フウロ
エアバトルなんて認めん


BW編67、68話に登場。
声優は植田佳奈。肌は原作よりも褐色が目立っている。
原作通りに明るく気さくな性格をしているが、イッシュのジムリーダーとしては比較的若すぎる為か、ジムリーダーとしての仕事よりも自分の趣味を優先させようとする等、今時の若者的な面を持つ。
以前は高い実力を持って真面目にバトルを行っていたのだが、フライトをする時間がなくなるという理由で「エアバトル」なる方法を考案し、以降はそれでバッジを賭けたジム戦を行う様になってしまった。

エアバトルは互いのポケモンを見せ合い、実際にはバトルせずにフウロ自身のイメージで決着がつくというもので、1人の挑戦者曰く「彼女程強いトレーナーならバトルしなくても結果を簡単にイメージ出来る」とのこと。掛かる時間がかなり短く、挑戦者が多数いても速く捌ききれ、運が良ければ挑戦者は苦労せずにバッジをゲット出来る。
一方、タイプの相性による偏見が混ざる等、エアバトルの結果はフウロ自身の主観が織り交ざっていて煮え切らない部分もある。勝利と認められて労せずバッジを手に入れられる者から見れば、これほどラッキーなものは無いかもしれないが、勝手に敗北と決め付けられてバッジを得られなかった者から見れば、とても納得のいくものではなかった。
そもそも、ジムリーダーはポケモン協会から任命された責任ある役職であるので、「熱血バトルは古い」と称してエアバトルで勝敗を決めているフウロの行為は、他のジムリーダー達への侮辱行為になり、下手するとジムリーダーを解任され兼ねないもので、実際にその光景を見ていたサンヨウジムのジムリーダーであったデントは激怒している。
ちなみに本作のフウロは、デントに会うまで他のジムリーダーに会った事が無かったらしく、ゲームではあったカミツレとの交友関係も無かった事にされ、それらが返ってジムリーダーとしての責任感に欠けた考え方になってしまったようである。また、祖父であり先代のジムリーダーであったマイルは難色を示していたが、他のジムのメンバーは何の疑問も抱いていなかった模様。
 
エアバトルのやり方にデントだけでなくサトシにも反発され、デントはジムリーダーとしての在り方を教授する為バトルを申し込み、最終的には敗北してしまうが、フウロの勝利は殆どギリギリであった。
そしてバトルの後には「白けたから午後のジム戦は中止」と一蹴してしまい、なおもバトルを申し込もうとしているサトシを煩わしそうにしていたが、マイルから「スワンナの翼は汚させないといっていたが、ワシには煤(すす)けて見える」と苦言を呈されのはさすがに苛立ちを覚える。しかし、デントとのバトルを見た影響からか、「フウロさんの本物のバトルを見たい!」と子供達に言われた結果、その期待に応えるべく、サトシとジム戦を行う事になる。ただし、バトルをする前から自身の勝利を確信している。
サトシとのジム戦の前に原作のジムに設置してあった大砲で自ら吹っ飛び、空中パフォーマンスを行ったことでジム戦を見学していた子供たちを湧かせた。

使用ポケモンはココロモリケンホロウスワンナ。対してサトシは、ワルビルハトーボー、そしてピカチュウを繰り出す事になる。
この内スワンナには電気技等、如何なる技を水のベールで防御するアクアリングを覚えさせている(本来は回復技でゲーム本編のアクアリングには技の防御機構は無い)。因みにフウロの御爺ちゃんであるマイルのビデオを見て習得させたらしい。ポケモンを出すときの掛け声は「ぶっとべ!○○!」。

最初のココロモリとワルビルの対戦では圧勝するものの、次のハトーボー相手にはココロモリが敗北。続けてケンホロウ(♂)の力押しでサトシはハトーボーを一旦下げる事になり、代わりに切り札として出されたピカチュウによってケンホロウは(♂)は敗北する。
しかし、フウロの切り札であるスワンナの繰り出す制空権を生かした戦いの前にピカチュウは敗れてしまい、残されたハトーボーとスワンナによる激しい空中戦が展開され、フウロにも焦りが見え始める。そして、ハトーボーがケンホロウ(♀)に進化するという完全な想定外の事態となるも、フウロはむしろバトルに興奮する程喜んでおり、最終的にケンホロウ(♀)の繰り出したつばめがえしが決め手となってバトルはサトシの勝利で終わる事になり、フウロのエアバトルが絶対ではなかった事が証明された。
サトシとのバトルに敗北したと共に反省したフウロは、彼やデントにちゃんとジムバトルをする事を約束。ジェットバッジを渡すのだった(マイル曰く「ジムリーダーとしての再出発」)。

いろいろネタや改変に走るアニメの脚本の中でも、度を越してあまりに「ぶっとび」過ぎた内容からアニメについては賛否両論である。

関連イラスト

ぶっとびガール☆
スワンナの構え


かかってこい!
Flying



関連

ポケモンBW ジムリーダー(イッシュ) ひこうタイプ
ポケモン人間絵 フウロっぱい フウロちゃんマジぶっとび 巨乳
パンツじゃないから恥ずかしくないもん!
スーパーマリオ64 南斗人間砲弾 - ジム内のギミック繋がり。

カップリングタグ
フウカミ カミフウ ぶっとびシャイニング - カミツレと。
主♂フウ フウ主♂ - トウヤ(トレーナー)またはキョウヘイ(トレーナー)と。
ハチフロ - ハチクと。

他のひこうタイプの使い手
ハヤト ナギ カヒリ

pixivに投稿された作品 pixivで「フウロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23538932

コメント