ピクシブ百科事典

概要

誰しも作品のファンであれば推しが死亡した際には悲しむものである。古くは演劇で源義経が炎に包まれるのを見て人々は涙を流し、ウルトラマンゼットンに倒された夜には日本中で子供たちが空に向かってウルトラマンの名を叫んだという。
だが、義経は蒙古に渡ってチンギス・ハンになったという伝承が生まれ、ウルトラマンもゾフィーが二つ命を持って来たことにより復活した。

推しが死んだときに追悼と称し哀悼の意を表することは多々あるが、それが作者側の意図したミスリード、もしくは予想以上の反響のため急遽死んでなかったことにするという事態は、いちいち挙げていっては枚挙にいとまがない。
本タグはそうした過去の作品に関して安堵ジョークのつもりでつけられることが多く、場合によってはネタバレになっているケースもある。

ま、なんにせよ命あっての物種ということである。
人は死んだら生き返らない。自分も他人も命を大事にできる人になろう。

関連項目

生存説 生きてた 復活
異能生存体 死ぬ死ぬ詐欺

関連記事

親記事

生存 せいぞん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「※生きてました」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1758

コメント