ピクシブ百科事典

「詔を承けては必ず慎め」

みことのりをうけてはかならずつつしめ

「詔を承けては必ず慎め」とは、同人ゲーム『東方心綺楼』の登場キャラクター、豊聡耳神子のラストワード。

概要

東方心綺楼にて、豊聡耳神子が使用できるラストワード
自らのを光り輝く剣に変え、フィールドの中央を垂直に叩き斬る形式となっている。
技の発動中、画面は終始神子のカットインが独占している為、相手はグレイズもガードも行う事が出来ない。

本作の設定においては、自らの仙力と観客の人気を集めて繰り出す技とされている。

名前は神子のモチーフである聖徳太子が『逆らう事なきを宗とせよ』などと共に十七条の憲法に設けた掟で、天皇に与えられた命令(詔)には必ず従わなければならないという意味。
本ラスワでは観客の人気を一手に受け、必ず攻撃を通す自らを天皇に見立てているのだろう。

なお、黄昏フロンティアの公式サイトでは「鎮め」となっているが、元ネタおよびゲーム内での表記は「慎め」であるため、おそらく誤字。

関連タグ

東方project スペルカード ラストワード
東方心綺楼 豊聡耳神子 心綺楼神子
聖徳太子 十七条憲法

眼光「十七条のレーザー」

pixivに投稿された作品 pixivで「「詔を承けては必ず慎め」」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25604

コメント