ピクシブ百科事典

目次[非表示]

注意
この記事は現在悪質ユーザーの荒らし被害に遭っています。過度に暴力的、悪意的な内容、一個人の解釈が散見される可能性があるのでご注意ください


「この子、うちで飼っていい?」

「寂しくなったら会いにおいで」

「うちの弟は真面目なのでからかわないでください」

人物像

デフォルト名が同じであるあんさんぶるスターズ!の主人公については転校生ちゃんを参照の事。

主人公である転校生の義理の姉。
君咲学院の元生徒であり、茶道部の部長を務めていた。

他のヒロインがHappy Elements 株式会社の基本設定を元にシナリオ上で動いているのに対し、彼女は純粋にシナリオの都合上発生した人物であるためビジュアルが存在しない。
ただし、あんずに変装した義弟が写ったカードが1枚存在している。

メインストーリー時点で高校3年生で誕生日は公表されていないが、12月の時点で既に自動車運転免許を取得しているため1月以降ではないようである。
かつて君咲学院に在学しており、湖南やこ黒森すずら「問題児」と呼ばれるグループの一員だった。

円城寺れいかから「勇敢で前向きな物語の主人公みたいな少女」と評される一方、幼馴染みである三波なつみからは「意外に抜けているところがある」、中学からの同級生伊藤さくらからは「いつもボケ~っとして」おり「てきとう」、君咲学院で仲が良かった黒森すずに至っては「たぶん馬鹿な人」と評している。(しかし、この「馬鹿な人」というのは、自分が罵声をたくさんあびせたのに毎日話しかけてくれた、という思い出のエピソードのことを言っているのであり、ただの「馬鹿」とは種類が違う)伊藤と黒森が言い争う中、黙々と集中して空の絵を描くなどかなりマイペースな人物とも言える。
マイペースな一面は転校生にも共通する特徴であり、長町やえが家出してくるエピソードを見る限り二人の感性はかなり似ている様子。

幼少期に自分と1歳差しかないなつみと義弟を抱っこと肩車で同時に運んで見せたり(しかし、現在はさすがには運ぶことは出来ず、寝ている転校生をそのまま寝かせて毛布を掛け、なつみのみ転校生の部屋に運んで寝かせるなどしている)、あんガル名物の桁数のおかしいミッションを義弟と同じようにこなしてみせるなど身体能力はかなり高い。

特技は絵画と裁縫で問題児たちのために衣装を作ったり、文化祭の出し物でファッションショーを主催するなどデザインから製造までかなりレベルが高いようである。

転校への背景(ネタバレ注意)

1年生の頃、あんずは黒森すずとともに屋上で過ごしていたところお堅い学院を「革命」しようと目論む湖南やこ、並びに八雲ちづると遭遇する。そして屋上を自分の活動の拠点にしようとした湖南が「番長」山條ぎんに返り討ちにされた後、傷の治療を保健室に拒否されたのを目撃。湖南の手当を自身が所属する茶道部部室で行ったのが、後に問題児と呼ばれるグループに属することになるきっかけとなった。
その後は湖南が計画した「学校説明会」のジャックを皮切りとして様々な騒動に関わっていくこととなる。他にゲーム内で語られただけでも秘密基地の建造や移動用の人間大砲の設置、隠し通路の設置、茶道部部室の占拠などがあげられるが、イベント『風雲児来たる!君咲く楽園の扉』で描かれた「学校説明会」のジャック以外、どのような経緯でそれが成されたかは詳しくわかっていない。
この内、茶道部部室の鍵の付け替えによりあんずと中学校からの親友であり、正規の茶道部員である伊藤さくらが部室に入れなくなり部活動ができなくなったことを、当時生徒会役員かつ同じ茶道部部員であった「姫殿下」円城寺れいかに零したことが彼女の転校へと繋がっていく。

当時、自分の影響力に自覚のなかった円城寺が世間話として教師陣に茶道部のことを話したところ、教師陣やそれを伝え聞いた多数の生徒達が過剰に反応し、あんずを始めとする茶道部の関係者は陰湿ないじめの標的となった。これを受け、ゆるく活動していた茶道部や問題児グループは完全に崩壊し、あんずは転校することとなった。
このことは問題児グループだけでなく、いじめの原因を結果的に作ってしまった円城寺や伊藤にも暗い影を落とし、後々の彼女たちの方針に影響を与えている。

なお、伊藤にせよ円城寺にせよ「委員長」や「生徒会」という秩序を重んじるそれぞれの立場から正しいと思ったこと、やるべき事をやっただけであり、害意があったわけではない。
また、問題児グループの活動にしても熾烈な学力競争の影響で笑顔が見られない学院をもっと自由な青春を満喫できる環境にすることを目的としたものであり、害意があったわけではないということは留意すべき点である。

いじめの前後して共学化する計画を立てていた君咲学院の首脳陣は近所にある男子校と交流を持つために実験的にお互いに在学生を交換する計画を立案。
いじめに遭いながらも挫けることなく、新天地と自由を求めていたあんずはこの計画に協力した。そして偶然その男子校に通っていた義弟と交換する形で学院を去る事となった。
だがこの事は職員の間でのみ共有されており、生徒にはほとんど伝えられていなかったため「暗黒文化祭騒動」へと繋がっていくこととなる。問題児を支援していた屋上組の面々も自主的な転校を余儀なくされてしまい、君咲学院は『地獄の季節』と呼ばれる苦難の時代に突入する。あんずらの屋上を校内での最後に安らげる場所としていた者たちを救うための行動は完全に裏目に出た形となった。

なお、伊藤は一連の事態に円城寺が介入する事の危険性を早い段階で憂慮しており、問題児グループの発足から事件発生までは自力による解決を図っていた。伊藤は問題児グループ壊滅後、自主的な校内清掃を自らへの罰として課し、綺麗にしていいものと悪いものを注意深く見極めながら卒業までを過ごした。
円城寺は自身がもたらす影響を自覚し、贖罪として生徒会長の座を辞して鶴海ひまりへと譲った。その後、陰ながら問題児たちの目指した学院の自由化に取り組んでいく。
これが「あんさんぶるガールズ!!」最初のストーリー、「生徒会長再任選挙」に繋がっていくこととなった。ちなみに、円城寺は責任を負う自身の立場も相まって、問題児グループの自由な活動への羨望を持っていたと後に語っていたりもする。

「生徒会長再任選挙」後、どのようにして再会したかは定かではないが黒森や円城寺、天宮るりなどかつての関係者が自宅に訪ねてくるようになり、義弟の応援のため運動会などの学校行事に顔を出すようになった。
体育祭のお昼休みでは一緒にお弁当をつついたり、新生徒会就任式で円城寺の企てに乗って大人しく弟の扮装をして縛られたり、同窓会で伊藤と共に軽音部の演奏を応援していたりする程度には和解が成ったと考えられる。

義弟との関係

前述の通り、転校生とは血が繋がっていない姉弟である。
それにも関わらず容姿や性格は何故か似ているという描写がいくつか存在する。

具体的にどのような関係なのかについて作中で言及されていないが、メインライターの日日日
Twitterで語った所によると転校生があんずの家に居候している形を想定しているらしい。

なお転校生は転校直前まであんずの家以外の場所から通っており、同じ通学可能圏内であるにも関わらず何故別れて暮らしていたのかについては特に言及がない。

作中では黒森との関係を誤解した三波なつみの誤解を解くために問合せに応じたり、義弟を籠絡出来るデートプランを知りたい八雲ちづるの問合せに応じたりしている。
ただし、北川ゆきの告白に対する返答をずるずると先延ばしにする義弟に対しあんガル最強存在の一角を差し向ける一幕も存在する。

二次創作上の取り扱い注意

転校生ちゃんで詳述している「あんガルあんず-あんスタ転校生ちゃん同一人物説」は全面的に支持されているわけではなく、パラレルワールドとして肯定する人もいれば、同一人物と見なすには矛盾点も多々あることから完全な別人として否定する人もいるデリケートな側面を持つことに注意すること。

関連タグ

  • 転校生ちゃん…別作品の登場人物。デフォルト名「あんず」。漫画・舞台では存在をオミットされたが、小説版においては語り部として登場。2019年放送のアニメ版にも出演。

美術関連は得意分野であり、転校前には文化祭の劇などの衣装などを作ったことがある。ただし本格的なアイドル衣装を作るのは初めての為、縫製技術を基礎から学び直すこととなった。

関連記事

親記事

あんさんぶるガールズ!の登場人物一覧 あんさんぶるがーるずのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「あんず(あんさんぶるガールズ!)」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32742

コメント