ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「この子、うちで飼っていい?」

「寂しくなったら会いにおいで」

「うちの弟は真面目なのでからかわないでください」

人物像

デフォルト名が同じであるあんさんぶるスターズ!の主人公については転校生ちゃんを参照の事。

主人公である転校生の義理の姉。
君咲学院の元生徒であり、茶道部の部長を務めていた。
後述する事情から現在は学院を去り、現在は義弟が通っていた男子校のただ一人の女子生徒として
学園生活を楽しんでいる。

他のヒロインがHappy Elements 株式会社の基本設定を元にシナリオ上で動いているのに対し、彼女は純粋にシナリオの都合上発生した人物であるためビジュアルが存在しない。
ただし、あんずに変装した義弟が写ったカードが1枚存在している。

メインストーリー時点で高校3年生で誕生日は公表されていないが、12月の時点で既に自動車運転免許を取得しているため1月以降ではないようである。
かつて君咲学院に在学しており、湖南やこ黒森すずら「問題児」と呼ばれるグループの一員だった。

円城寺れいかから「勇敢で前向きな物語の主人公みたいな少女」と評される一方、幼馴染みである三波なつみからは「意外に抜けているところがある」、中学からの同級生伊藤さくらからは「いつもボケ~っとして」おり「てきとう」、君咲学院で仲が良かった黒森すずに至っては「たぶん馬鹿な人」と評している。伊藤と黒森が言い争う中、黙々と集中して空の絵を描くなどかなりマイペースな人物とも言える。
マイペースな一面は転校生にも共通する特徴であり、長町やえが家出してくるエピソードを見る限り二人の感性はかなり似ている様子。

幼少期に自分と1歳差しかないなつみと義弟を抱っこと肩車で同時に運んで見せたり、あんガル名物の桁数のおかしいミッションを義弟と同じようにこなしてみせるなど身体能力はかなり高い。

特技は絵画と裁縫で問題児たちのために衣装を作ったり、文化祭の出し物でファッションショーを主催するなどデザインから製造までかなりレベルが高いようである。

転校への背景(ネタバレ注意)

1年生の頃からあんずは問題児グループの拠点として自身が所属していた茶道部部室を占領する形で提供していたが、このことに関してちゃんとした茶道部の活動をしたがっていた伊藤さくらとすれ違いが発生する。
伊藤は当時生徒会長だった円城寺れいかに相談。それを受けた円城寺が教師陣に茶道部の現状について「世間話」をしたところ、教師陣やそれを伝え聞いた多数の生徒達が過剰に反応し、あんずを始めとする茶道部の関係者は陰湿ないじめの標的にされてしまい、茶道部や問題児グループは完全に崩壊することとなる。
このことは問題児グループだけでなく、いじめの原因を結果的に作ってしまった円城寺や伊藤にも暗い影を落とすこととなる。

いじめの前後して共学化する計画を立てていた君咲学院の首脳陣は近所にある男子校と交流を持つために実験的にお互いに在学生を交換する計画を立案。
いじめに遭いながらも挫けることなく、新天地と自由を求めていたあんずはこの計画を聞きつけ、喜んで協力に応じた。そして偶然その男子校に通っていた義弟と交換する形で学院を去る事となった。
だがこの事は職員の間でのみ共有されており、生徒にはほとんど伝えられていなかったため「暗黒文化祭騒動」へと繋がっていくこととなる。


再選挙騒動が収まってからは黒森や円城寺、天宮るりなどかつての関係者が自宅に訪ねてくるようになり、義弟の応援のため運動会などの学校行事に顔を出すようになった。

義弟との関係

前述の通り、転校生とは血が繋がっていない姉弟である。
それにも関わらず容姿や性格は何故か似ているという描写がいくつか存在する。

具体的にどのような関係なのかについて作中で言及されていないが、メインライターの日日日
Twitterで語った所によると転校生があんずの家に居候している形を想定しているらしい。

なお転校生は転校直前まであんずの家以外の場所から通っており、同じ通学可能圏内であるにも関わらず何故別れて暮らしていたのかについては特に言及がない。

作中では黒森との関係を誤解した三波なつみの誤解を解くために問合せに応じたり、義弟を籠絡出来るデートプランを知りたい八雲ちづるの問合せに応じたりしている。
ただし、あまりに多くの女生徒とフラグを立てまくる義弟を快く思っていないのか、北川ゆきの告白に対する返答をずるずると先延ばしにする義弟に対しあんガル最強存在の一角を差し向ける一幕も存在する。

余波

しばしば「いじめに遭った可哀想な被害者」という文脈で語られるキャラであるが、あんず自身も真面目に茶道部らしい活動をしたかった伊藤さくらに対して茶道部の部室の鍵を取り替え、出入りできなくするイジメといっていい仕打ちをしている。身も蓋もない要約になるが、彼女が君咲を去る過程とは詰まるところ「居場所を持たない者達に居場所を与えるために、友人から居場所を奪い、結果として自分も居場所を失うことになった」と言うまるで鬼子母神のような自業自得の物語なのである。

また転校後、会おうと思えばすぐにでも会いに行ける距離にあったのにも関わらず、君咲学院の友達と一切接触・連絡をとっておらず、その無責任ゆえに事態の深刻化を招く結果となってしまった。
ただし、あんず自身も転校後の君咲学院で彼女達が必要以上に思い詰めていないか心配はしており、義弟転校直後に軽音楽部の野外ライブを観覧する予定を立てていた。しかし結局急用が入ったために参加を取りやめ、黒森や伊藤と接触することは出来ず、後の騒動を未然に防ぐ機会を逃してしまった。

円城寺れいかは一連のいじめとあんずの転校に責任を感じ生徒会長を辞任、後継者として一連の騒動に関与しておらずその事件の存在すら知らなかった当時の転校生であった鶴海ひまりに強権を発動して指名した。その上で鶴海政権が自らの政権とは大きく性質の違うものとなるように周到な策を張り巡らし、鶴海の成長を見届けた後に退学届を提出して学院を去る事を決意している。しかし退学届を出した直後にこの企みに気づいた鶴海の説得により断念した。
その後、円城寺はあんずの転校を『自己犠牲』ではなく、周囲を無差別に傷つけるための『自爆テロ』と推測している。ただし、後に共闘するまでに(あんず宅への数日に及ぶ泊まり込みを含めた話し合いを経て)、『けじめ』と認識を改めている。その際、既に君咲学院に「自分の居場所」はなく、「あなたはあなたの居場所」に帰るようにと告げている。

かつてあんずが庇護していた「落ちこぼれ」達は「問題児」壊滅後、最後の居場所だった屋上を追い出され、『地獄の季節』と呼ばれる苦難の時期を強いられることとなった。ただ彼女らにとっては幸いなことに、鶴海政権下の改革で過当な学力競争から解放されたため全員卒業することは出来た。その一方であんず自身は早々に転校して「楽しい学園生活」を手に入れており、全体を俯瞰してみれば「学校で辛いことがあったら周りの人間の事など放っておいてさっさと身の丈にあった学校に転校すれば幸せになれるとでも言いたいのか?」と言わざるをえない身勝手さを発揮している。

当時は外部の人間でありながらも問題児と行動を共にしていた小鳩あずさはあんずについて君咲学院に残っていれば生徒会長になっていただろうと語っており、あんずは目の前の問題を解決するだけの能力と人脈を持っていたにもかかわらず、取るべき手段と組むべき相手を間違ってしまったといえる。

二次創作上の取り扱い注意

転校生ちゃんで詳述している「あんガルあんず-あんスタ転校生ちゃん同一人物説」は全面的に支持されているわけではなく、パラレルワールドとして容認する穏健派もいれば、完全な別人として否定・拒否する過激派もいるデリケートな側面を持つことに注意すること。


関連タグ

  • 転校生ちゃん…別作品の登場人物。デフォルト名「あんず」。本記事のあんずと違い、転校前の学校では裁縫ができない。

pixivに投稿された作品 pixivで「あんず(あんさんぶるガールズ!)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26751

コメント