ピクシブ百科事典

概要

暮石ヤコのマンガ『ソマリと森の神様』の登場キャラクター。
CV:小野大輔

1000年の寿命をもち、森を守る番人として999年を生きたゴーレム
乗っていた馬車を襲われ、彼の管理する森に逃げてきた「人間」の少女が1人迷い込み、邂逅したところから物語が始まる。
この時代、世界は「人ではない者」が支配し、「人間」は彼らの食糧として狩られるために生きており、「人間」の生き残りもさほど残されてはいなかった。
襲われたショックのせいか、少女はゴーレムを「お父さん」と呼び、ひとときも離れようとしない。

 「私はおまえの父ではない」

 「ゴーレムに感情はない」

ゴーレムは、5歳ほどの年端もいかない少女を森から出そうとするが、なついて離れようとしない少女を拒絶することができずにソマリと名づけ、彼女を「彼女の両親」に返すための旅に出ることを決心した。

ゴーレムの「父」と人間の「娘」は旅を続けるうち「父子」の絆を強めていくが、ゴーレムは1年も満たずに自分の命が尽きること、もし自分がいなくなったら「ソマリ」を守るものがいなくなること、それまでに「ソマリ」を両親に返さなければならないことに焦りを募らせていく。

関連タグ

ソマリと森の神様 ソマリ(ソマリと森の神様)

関連記事

親記事

ソマリと森の神様 そまりともりのかみさま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「お父さん(ソマリと森の神様)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172

コメント