ピクシブ百科事典

かわった友だち

かわったともだち

「かわった友だち」とは、アニメ「元祖天才バカボン」の141話「ショートギャグでコニャニャチワ5」の一つとして収録されたエピソードである。

概要

(注)この記事にはネタバレが含まれています。

天才バカボンシリーズ」の主役的存在であるバカボンのパパには、古く昔からの友達がいたが、妻と子供一人を持つその友だちは一家そろって絶対に顔を見せず、手しか見せない人物だった。

今度こそ顔を見てやると決意したバカボンのパパは、さっそく友達の家に行くが、顔を見ようとするとすぐさま瞬間移動のごとく友達に逃げられてしまう。
バカボンのパパはどうして手だけ見せて顔を見せないのかと問いただすと、友達は元々人前では顔を合わせない主義だった。
一家そろって手しか見せない友達に散々振り回されたバカボンのパパは、イライラのあまりうっかり夕食だったすき焼きのガスコンロを倒してしまい、火事を起こしてしまう。
助けを求める友達の家族に、急いで脱出すれば助かるとバカボンのパパは呼びかけたが、友達の家族は顔を見られるぐらいなら死んだほうがましとの如く、脱出せず焼け死んでしまった。

次の日、バカボンのママが新聞を読んでいたら…?
あら?パパ、変な記事が載ってるわ。え~…焼け跡から、不思議なことに手の骨が3本しか見つからなかったんですって。
パパ「…それでいいのだ…」

関連タグ

天才バカボン バカボンのパパ みんなのトラウマ 本当は怖い天才バカボン

pixivに投稿された作品 pixivで「かわった友だち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1229

コメント