ピクシブ百科事典

こちら竜宮島鎮守府〜皆城提督の憂鬱〜

こちらたつみやじまちんじゅふみなしろていとくのゆううつ

艦これと蒼穹のファフナー(EXODUS)のクロスオーバーコメディ小説シリーズ。 ※メイン画像は小説と直接的な関係はありません。
目次[非表示]

物語

本来交わることのない二つの世界。
クロスロード作戦と第二次蒼穹作戦で爆ぜた計4つの核のエネルギーと散華した人々の想いや祈りがその二つの世界を繋げた。
これは、提督となった皆城総士とファフナー世界の人々やフェストゥム、艦これ世界から流れ着いた艦娘や深海棲艦たちが織り成すゆるりとしたコメディワールドの軌跡である。

注意事項(原文より抜粋)


 ・シリアスは求めないでください。

 ・人格崩壊、暴走多発注意。

 ・登場人物は粗全員頭のネジが多少緩んでます(無論個人差はありますが)。

 ・当然越境カップルもアリでございます。

 ・本編のネタバレ、及びメタネタ(例:中の人ネタ等)等を多分に含みます。

 ・人類軍側の艦娘として現時点未実装な米国艦や英国艦が登場します。
 
 ・オフィシャル本編の展開とは著しく異なります。

 ・今後注意事項が追加されるかも知れません。

 以上のファクターが許容出来ない方は速やかにお引き取りください。


最早言うまでもない事ですが、あくまでもこれはアンオフィシャルであり、著作権は各版権元及び自分に帰属致します。従って著作権法に抵触する行為は一切厳禁すると同時に版権元への問い合わせも死活問題に繋がりますので自重をお願い致します。


コメディの理由(原文ママ)


 完全シリアス&ハードにした場合、完全にフェストゥムやファフナーが優位にたってしまうので艦娘が要らなくなってしまうが故。その上人間関係的にも「総士×一騎」の間には誰も入り込めないので非常にやり難いのです。
その点コメディーやギャグに振れば色々補正がかけられるし日常系に話が振れるので敢えてコメディーと言うジャンルを選びました。
 「男はつらいよ」の様なシチュエーションコメディー(当事者達は至って真面目だが読者から見たらギャグになる)ならファフナー側のキャラでもやり易いと思いましたので。

登場人物

基本的に公式設定に準じるが、二次創作設定などのオリジナル設定が盛り込まれている部分もある。
また、全員いくらか頭のネジが緩んでいるような調整がなされている。
各小説の最後にその回で初登場した人物のその時点での説明が書かれている。
人数が多すぎるので専用のページに分割。

用語

竜宮島
アーカディアンプロジェクトで多数建造された島のような艤装を纏った超大型戦艦のうちの一隻。
普段は偽装鏡面を展開して外部からは目視することもレーダーで見つけることもできない。
島のコアである皆城織姫は拡大解釈をすれば竜宮島という戦艦の艦娘とも言えなくもない。
元々人口は七千人ほどいたが放射線病やフェストゥム、特にイドゥンの攻撃などで二千人ほどにまで減少してしまった。
今では自然受胎が可能になったほか艦娘達が加わったことで島民の男女比が理想的な比率になったため、今後人口は回復するだろうと言われている。

向島
竜宮島の離島の一つ。クロスロード作戦と第二次蒼穹作戦で爆ぜた計4つの核のエネルギーと散華した人々の想い、祈りが繋いだ「門」のファフナー世界側の門がこの島に現れている。
現在では巧みに偽装され、周辺含む地域一帯がアルヴィスの直接管理区画となっている。


艦これ世界とファフナー世界を繋ぐ、二つの世界にもたらされた新たな「祝福」。
発生理由などから「オーラロード」(スパロボUXで共演、及びクロスオーバーしている)と似たような存在と思われるが詳しいことは不明。
物質としての形があるのかどうかは不明だが恒常的に開いているらしく、たまに新たな艦娘などが流れてくることがある。

艦娘
艦これ世界から流れ着いた存在の一方。人間サイズなのだがパワーは艦側に近く、戦艦娘ともなれば二人がかりではあったがパンチでファフナーを吹っ飛ばし犬神家状態にすることもできる。
平時は普段着(戦闘時の服とは違う服)を着て平和を謳歌している。

深海棲艦
艦これ世界から流れ着いた存在のもう一方。艦娘とは和解状態に有り、艦娘同様島の生活に溶け込んでいる。現在確認できている中で人の言葉を喋れるのは鬼姫クラスとレ級、ヲ級(初登場時はヲ級も鳴き声だった)だけだがコミュニケーションは成立している。

ミール
フェストゥムにとって「神」とも言えるほぼ絶対的な存在。
ミール同士はネットワークで繋がってこそいるが現在はそれぞれが独立しておりそれに伴いフェストゥム内にも穏健派、過激派といった派閥が生まれている。
アザゼル型フェストゥムもミールと同格とされている。

アルタイル
外宇宙から地球に接近中の新たなミール。到着まであと最低でも十年はかかるとされている。
原作ではかなり高位な存在とあったが今作ではそのような設定は書かれていない。
到着までまだ相当時間がかかるため第五話での対話は「まずはご挨拶」ということになった。

竜宮島鎮守府
皆城総士の研究施設で正式名称は皆城ラボ。

カフェ楽園
元は春日井家の自営業カフェだったのが紆余曲折あり今は溝口がオーナーを勤めている。
名物メニューの「一騎カレー」は艦娘達にも好評である。
何かあったら此処に集まるのが半ば定番と化している。

遠見医院
遠見家が経営する島唯一の診療所。

アルヴィス内艤装ドッグ
ファフナーの格納庫とは別のドッグ。ここでは主に艦娘の艤装の整備などを行う。

明石工房
明石が営む工房。アルヴィスのメンテナンスエリアの中にある。

彦島演習場
演習などで使用される演習場。名前通り離島の彦島にある。

竜宮島温泉 竜宮館(りゅうぐうかん)
竜宮島唯一のスパリゾート施設として作られた温泉旅館。
事実上アルヴィス所属ファフナーパイロットや艦娘達向けの慰安施設となっている。
小楯家が経営している。

竜宮島小学校
恐らく島唯一の小学校。
夏休み中は解放されている。

竜宮島中学校
島にひとつだけしかない中学校。
駆逐艦娘たちも平時はここで生徒として学んでいる。

駄菓子屋 西尾商店
西尾家が経営する小さな駄菓子屋。元々島民が少ないので基本的に暇。

竜宮島商店街
島唯一の商店街。甘味処間宮や菓子処御門屋、居酒屋鳳翔などもここにある。

甘味処 間宮
間宮たちが経営する甘味処。艦これのそれとほぼ同じと考えていい。

菓子処 御門屋
甘味処 間宮の近くにある菓子処。御門零央の家でもある。
間宮にも和風ケーキなどを卸している。

居酒屋 鳳翔
概ね二次創作で有名な居酒屋鳳翔と同じ。溝口は常連らしく、酒の有無でカフェ楽園と棲み分けられているところがある。

すでのな道場
会話の中で名前だけが登場。
「完全にキャラがぶっ壊れた某駆逐艦姉妹による万事相談所と言われているが実際の所定かではない」というよくわからない場所。

日野家
日野一家の家。
後に飛龍所属の妖精さんたちの下宿先にもなった。

竜宮公園
日野家の近くに有る公園。美羽達がよく遊んでいる。

立上神社
立上家が管理する神社。織姫も此処に居ることが多い。

竜宮島漁港
島唯一の漁港で、隣に市場が併設されているほか詰所もある。
漁港内ではくちくいきゅうが泳いでいることも多く、深海棲艦たちも獲った魚介類の納品に訪れる。

TCB(竜宮島コミュニティー放送局)
竜宮島のテレビ局。元々は堂馬広登らが番組を作っていたのだが青葉たちが加わってからかなり本格的なテレビ局となっている。下記の蒼穹どうでしょうも実はこの局の企画の一つ。

南アフリカ共和国 首都プレトリア 新国連本部
新国連の本部にして人類軍の総司令部があるのだが、アザゼル型二匹の共食いとそれに対しての交戦規定アルファによる核攻撃で消し飛んでしまい、仕方なく郊外の教会を仮本部とする羽目になった。

BBA派
人類軍の中でも特にヘスターの派閥のことを俗にこう呼ぶ。
当のへスターの認知症が悪化して以降新国連に見切りを付ける国が増えているほか、人類軍の中でもこのBBA派と袂を分かつ部隊が続出している。

エリア・シュリーナガル
シュリーナガルミール(世界樹アショーカ)の加護の元、平和が約束された安住の土地。
エリアを守る「アグラ基地」やミールと対話する場所「バルガの水底」以外にも市街地や繁華街などがある。
原作ではロードランナーによって壊滅したが今作ではロードランナーが悪魔の羅針盤に弾かれてたどり着けなかったので何事もなく平和が続いている。

空母ボレアリオス
マスター型フェストゥムのフレイ(春日井甲洋)がリーダーを務める大型空母。
外見こそ違うがもうひとつの竜宮島と言ってなんら差し支えなく、偽装鏡面の展開もできる。
島の外の情報収集もあるが、竜宮島やシュリーナガルにBBA派や敵性フェストゥムが接近しないように守護する役割を担う。
食客としてBBA派と袂を分かった元人類軍の軍人が多数同行しているほか、戦艦レ級など特に戦闘能力の高い深海棲艦達が防衛隊として乗り込んでいる。
コアはかつて“来主操”と呼ばれた存在であり、図らずも原作とほとんど同じ設定となっている。
定期的に竜宮島に寄港し、一ヶ月ほど時間をかけて補給と整備、情報交換や休暇などを行う。

サクラ・ナイト
桜色の特殊な結晶体。
艦娘の装備する艤装の動力源でもあり、障壁展開もできる。
また、副次的効果でファフナーにおける同化現象を抑制する力もあるため、竜宮島のファフナーには全てこのサクラ・ナイトが組み込まれている。
艦娘達の意思や思念を増幅させる触媒である。

断絶の間
悪魔の羅針盤によってすべてが決定される隔絶された世界。悪魔の羅針盤の決定は絶対であり、例えアザゼル型フェストゥムであっても覆すことはできない。

北緯30度43分17秒 東経128度04分00秒
戦艦大和が沈んでいる座標。
第十話でマークニヒトのテスト飛行を兼ねた墓参りが行われた。(日本列島は既に人類軍の核によって消滅しており、墓も慰霊碑も全て失われていたためこの地が選ばれた)
この時の竜宮島から約数十キロの位置にあった。

蒼穹どうでしょう

第六話から小説の最後におまけとして追加された連載物。
名前を見ればわかるとおり「水曜どうでしょう」の蒼穹のファフナーバージョンである。
但し、メンバーが違うだけでフィールドは水曜どうでしょうと同じ現代の日本。
なお、企画者は青葉。

説明文

キャスト(要するにこのシフトでお読みください、と言う事で)

 ・堂馬広登(大泉洋 役)

 ・ビリー・モーガン(鈴井貴之 役)

 ・近藤剣司(藤村D 役)

 ・西尾暉(嬉野D 役)

 以上、敬称略。

 注)文中『』で表示されるのは画面でも表示される台詞やテロップでございます(やはりこれが無いと、ね)。

コメント