ピクシブ百科事典

「し」とはある謎に対する答えである。
  • 将軍様はある時長大なを用意して一休さんにこの紙いっぱいにありがたい言葉を書くように命じた。すると一休は大きなで一本の長いを書いた。どこまでもどこまでも書いた。やがて紙の端に近づくと、線を右に跳ねて筆を置いた。当然、将軍様はお怒りになったが、一休は言った。これはひらがな「し」でございます。老い若きも強きも弱きも富める者貧しい者も分け隔てることなく、全ての人に必ず訪れます。このことを常に心に停めることは、大切なことなのです。だから、これはありがたい言葉なのです。
  • 上記のように「し」の音はを連想させるため、「し」を含む言葉を違う言葉で言い換えることがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59142

コメント