ピクシブ百科事典

せざるを得なかった-Hetalia-

せざるをえなかったへたりあ

「Axis powers ヘタリア」の二次創作RPGゲーム。pixivではこのゲームの三次創作につけられるタグを指す。
目次[非表示]

概要

『せざるを得なかった-Hetalia-』とは、『AxisPowersヘタリア』の二次創作ゲームである。
略称は「せざヘタ」。
ファンタジー要素の強いRPGであり、シリアスの中に紛れ込む様々なネタ要素が特徴的。
またバトルシステムも通常の戦闘スタイルに加え、心理戦、謎解き要素などと豊富である。
現在、2012年6月17日からニコニコ動画にて順次更新中。

作者名は「冬季」氏。
作品内での全てのイラスト、タイトル曲も自作である。グラフィックは高評価を示すコメントが多数書かれており、立ち絵が瞬きをしたり、動画を織り込むなどの工夫もされている。
また同氏制作の配布ゲーム「サーペント-Hetalia-」とも一部の設定がリンクしている。

ストーリー

五賢帝の一人である天帝は、世界に小さな異変を感じ自ら調査することを決意。
様々な人々と出会い友好を深めていく中、彼は徐々に世界を知ってゆく。
それがやがて、残酷な事態を迎えることとは知らずに・・・。



※注意※ ここからは先はネタバレを含む内容となっています。















登場人物

「天上都市マインド」を治める若き天帝。
裏表のない性格で、竜から人に至るまで理解しようとする心を忘れない正義漢。
本ゲーム内ではメガネをかけておらず、代わりにゴーグルを装備している。
ちょっと行ってくるの一言で長旅しちゃう系うっかりさん。
通称アルさん、アルルン、てんてー先生。

  • 鉄仮面
各都市の剣を狙い、モンスターなどで人を襲う謎の人物。
おそらく今作のカギを握る重要キャラクター。

「闘技場アリア」を治める八地座の第二章。通称「親分」。
天帝であるアルフレッドに対しても気さくな態度で接する好青年。
知り合いのプーたろうを探している。
トマトがなくてもトマトの本があるならそれでいい。

「居待ち月の森」に住む黒髪黒目の青年。
キックンというのはどうやら愛称らしく、なぜか本名は名乗りたがらない。
懐には塩鮭、番手凛とサロソパスは常時装備です。
「フランフラン」呼びは頑として譲りたくない模様。

情操都市のバケットで出会ったエクセレントな眉毛の青年。
子供っぽいノリが印象的で、なにかと主人公一行を助けてくれる。
レベル1だが発言と行動力はやけに男前で紳士的。

「情操都市ブレイン」を治める誓帝(せいてい)。
心理操作に優れており、他人の心を読んだり操ったりすることが出来る。
「別に脱いでもいいんじゃね?」って思ってる。髭は生えてない。
通称フランフラン、ふーちゃん。

単語集

知っておくと理解しやすいので要チェック。

  • 五賢帝(ごけんてい)
世界の五つの主要都市を治める五人の賢帝。
天帝、誓帝、苑帝、夕帝、武帝の五人から成り立っている。

  • 主要都市(しゅようとし)
天上都市マインド、神殿都市ティアなどの五賢帝が治める都市。

  • 八地座(やちざ)
五賢帝が治めていない都市を治める八人。五賢帝とは交流が深くないうえに、賢帝主義派に命を狙われているため、五賢帝サイドにとって素性は明らかにされていない。
第一章から第八章まで番号が振られているが、この数字に優劣は関係ないらしい。

  • 賢帝主義派(けんていしゅぎは)
五賢帝を中心とする世相を主義とする考え。

本家グラフィック

せざるを得なかった-Hetalia- 第二章戦
【せざヘタ】忌み憑き戦


【せざヘタ】誓帝カットイン
【せざヘタ】誰かの泣き顔



関連タグ

ヘタリア APH ヘタリア三次創作 せざヘタ

pixivに投稿された作品 pixivで「せざるを得なかった-Hetalia-」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229780

コメント