ピクシブ百科事典

なつしき

なつしき

『文豪とアルケミスト』における夏目漱石と正岡子規のカップリング
目次[非表示]

概要

なつしきとは『文豪とアルケミスト』における、夏目漱石(文豪とアルケミスト)正岡子規(文豪とアルケミスト)のカップリングである。
このタグを用いて投稿する場合、文アル【腐】や腐向けタグとの併用が望ましい。

ゲームの二人

ゲームでは互いに「夏目」「正岡」と呼び合っている。

ボイス

子規は二つのボイスで漱石の事に言及。
漱石もいつも自分を振り回す子規についてぼやくようなボイスを話す。
気心の知れた二人の関係を思わせる台詞は必聴である。

双筆神髄

二人の掛け合いも当然のように存在する。
ここでも、二人の軽快なやり取りに注目して欲しい。

回想

「ほ-1」の坊ちゃんに二つ回想あり。(そのうち一つは森鴎外(文豪とアルケミスト)も含めた余裕派全体の回想)
二人きりの回想では、対子規にのみ使われている漱石の一人称と口調が判明する。

献立

土曜の夜メニュー「うな重」に回想あり。
二人にとってうな重は、同居時代のことを思い起こさせる。(※夏目漱石著『正岡子規』より)
無邪気な子規と嬉しそうな漱石の声が、二人が再会を喜んでいる様子を伺わせる。

手紙

子規から漱石に一通。漱石から子規に二通手紙を出している。
……漱石先生、それただのデートのお誘いでは……?


他にもキャラクターブックやB's Log(2017年8月号)にて、更なる燃料が投下されているため、今後運営が二人にどんな関係を持たせてくれるのか期待される。


――親友で長年の付き合いである夏目漱石に対しては無遠慮な面もあるが、それは信頼の証。

――本当に正岡は昔から勝手なんですから……



関連タグ

文豪とアルケミスト 文アル【腐】
夏目漱石(文豪とアルケミスト) 正岡子規(文豪とアルケミスト)

pixivに投稿された作品 pixivで「なつしき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13309

コメント