ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ひとじゅし

ひとじゅし

ヒプノシスマイクの登場人物、天国獄×四十物十四の腐向けカップリングタグ。
目次 [非表示]

概要編集

ひとじゅしとは、『ヒプノシスマイク』に登場する天国獄(あまぐにひとや)×四十物十四(あいものじゅうし)の腐向けカップリングである。

二人はナゴヤ・ディビジョン代表チームBadAssTempleに所属している。


十四は中学生時代過酷ないじめにあっており、その時に弁護士である獄に助けられた。

それ以来、十四は獄のことを尊敬している。

また獄は、弁護士としての責務を終えてから今に至るまでも十四のことを気にかけ、何度も彼に手を貸してやっている。


キャラクター相関図での関係編集


獄→十四 「メンドウだが助ける」


十四→獄 「尊敬・心の支え」


公式での接点(ネタバレあり)編集

〇ドラマパート「不退転の心は撃ち砕けない」編集


試聴動画


仕事中の獄の元に、いつものように十四が泣きながら相談(十四曰くランデブー)に訪れる。

「大事なことは獄さんに決めてほしい」と言う十四を見て、自分への依存を強く感じる獄。彼に「自分のことは自分で決めろ」と諭された十四は、泣き虫を治そうと精神修行を決意。そして二人は波羅夷空却の寺へ向かうことになる。

仕事の邪魔をされたにもかかわらず最後まで十四の話を聞き、彼が精神的に自立できるように道を提示し、しまいには仕事を中断して共に寺へと赴いてやり修行の手伝いまでしているところに、獄の面倒見の良さと優しさを見ることができる。


〇コミカライズ「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side D.H & B.A.T」編集


過去編であり、二人の出会い・馴れ初めの詳細が描かれている。

獄31歳、十四14歳の時の話である。


beat#5編集

ささいなきっかけから、クラスメイトからいじめを受けることになる十四。ある日道端でいじめられていたところに、獄が通りかかる。彼は加害者グループを追い払った後、十四に「最高にかっこいい自分になるために、何があっても屈するんじゃねえぞ」と伝え、それでも耐えられなければ相談に来るようにと名刺を渡す。去っていく獄の背を見つめながら「…獄さん」と呟く十四の表情は明るいものであった。

その後十四は自室で何度も獄にかけられた言葉を反芻し、「最高にかっこいい自分」の姿を求め、憧れているV系バンドマンのように振る舞うになる。

十四の厨二病的な芝居がかった振る舞い、そして「何があっても、何があっても、何があっても屈するな」というキャラクター性の基盤ともいえる座右の銘は、もともと獄からかけられた言葉によるものであることが明らかになった。


beat#6編集

いじめの加害者グループに最愛の祖母を殺された十四。悲しみに耐えきれなくなり獄の事務所を訪れるが顔を合わせることはかなわず、犯行の証拠映像と自殺意志を仄めかした置き手紙だけを受付に残して、近くのビルへと向かう。

ことの緊迫性を察した受付係から渡された置き手紙を読んだ獄は事務所を飛び出し、急いで十四の後を追う。

すんでのところで十四に追いついた獄は、自分の兄がいじめを苦に自殺した過去について話し、残される遺族の悲しみを伝える。脳内に両親の姿がよぎった十四は飛び降りを思いとどまり、差し伸べられた獄の手を掴んだ。

獄に抱きつき堰を切ったように泣き出す十四に対し、獄は加害者への制裁を誓うのだった。


〇ゲームアプリ「ヒプノシスマイク-A.R.B-」編集


十四ルームボイス編集

「獄は今時分もどこかの弱き者を助けているのだろうか。あれはまこと尊敬に値する男だ。」

獄は我の命の恩人。あの者のためならどんなことも厭わない。

「獄さんと遊びに行きたいっすね。メールしてみよう…」(昼)

「獄さん…返事遅いな…うぅ…ふぇえん…!」(夕)

「獄さんから返信来たっ!」(夜)

「獄さんは自分を救ってくれた大切な人っす。これからも仲良くさせていただきたいっす!」

また、獄のことを「マイゴッド」とも称している。


獄ルームボイス編集

「よし、飯だ飯…げっ、十四からメールが17件も来てやがる。」(昼)

「さて今日はこれで依頼も終わりだから…ん。げ、十四から着信!」(夕)

「あの泣き虫が直れば、十四も成長すんだがなぁ。あいつのこれからに期待だな。」

「そういや、十四の盗まれたぬいぐるみ、いつの間にか戻ってきてたんだよな。」

「十四のバンドは俺の趣味じゃねえからな…。もっとシブいやつにしてくれ。」

その他、ドラマパートで十四に放ったものと同じ言葉をここでも発している。


メインシナリオ(スペシャル) X章「before the XXX」編集


2話では、寺までの道中でへばる十四とそれに呆れる獄の会話が聞ける。二人の体力差がうかがい知れる。

3話では、人酔いする十四とその面倒を見る獄の会話が聞ける。


関連イラスト編集

ひとじゅしまとめ

ひとじゅしまとめ②


関連タグ編集

ヒ腐マイ 天国獄 四十物十四

獄十(表記揺れ)

関連記事

親記事

ヒ腐マイ ひぷまい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2788618

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました