ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして・・・はらたいら

概要

のんのんびより」シリーズ第2期、「のんのんびよりりぴーと」第4話で、宮内れんげが近くの水田から捕獲し、旭丘分校教室の水槽で飼育していた数匹のカブトエビ

あふれる"ひらたいらさん"への愛情

れんげはとても気に入ったのか、自分だけで育てることを宣言する。彼女は絵日記を付け、一匹いっぴきの性格も把握する(それにしては、名前はまとめて"ひらたいらさん"と、命名にはなぜか無頓着だったが)など、とても熱心に育てていた。

いつか迎えなければならない"その日"

だが、そんなある日、大切に育てていた"ひらたいらさん"が死んでしまう。彼女はとても気に入っていたため、大変落ち込んだ。
皆は、亡くなった"ひらたいらさん"のためにお墓を作った。"ひらたいらさん"の墓前にポツンと座り込むれんげ。
その日、旭丘分校には大粒の雨が降り注いだ。

帰宅したれんげは、いつも付けていた絵日記に、こう書いた。
ただ一言、
「ひらたいらさんが、なくなりました。」
と。

その後…

後日、れんげが"ひらたいらさん"を育てていた水槽を見ると、そこには子孫と思われるカブトエビが泳いていた。
実は、"ひらたいらさん"が亡くなった日、夏海がひょっとしたら、"ひらたいらさん"が卵を産んでいるのではないかと思い、一度片付けていた水槽をセットしなおしていたのだ。
それを見たれんげはとても喜び、彼女は、急いで絵日記を開いた。そして、「ひらたいらさんが、うまれました!」と書いた絵日記を、夏海、そして皆にとても嬉しそうに見せるのだった。
旭丘分校の上には、青々とした大空が広がっていた。

関連タグ

生命  心象風景

関連記事

親記事

のんのんびよりりぴーと のんのんびよりりぴーと

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ひらたいらさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27433

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました