2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

みるくぱんだの嫁

みるくぱんだのよめ

PSO2に登場するキャラクター愛が爆発したみるくぱんだ氏の情熱度合いを表したタグだったもの。

概要

事の発端はPSO2エピソード3第6章である。
ネタバレは極力回避しておくが、この話の結末にショックを受けたみるくぱんだ氏は、
怒濤の勢いでマトイを描き始める。

その勢いたるや壮絶なものであり、早い時は1日2枚のペースでマトイを描き上げ、
ピクシブにおけるPSO2ユーザーを驚かせた。
結果、このタグが付けられるようになったようだ。

エロ方向の絵も出てきており、
タグがついた経緯から清純なのを期待していた人からは残念がる人達もいる模様。
※一応擁護すると、氏は以前からエロも描いていた
「『結果』だけがこの世には残る。途中は全て消し飛んだのだ。」

その後、EP3最終章でマトイは帰還したものの、EP4がスタートするとロビーからマトイの姿が消え、再び怒涛のマトイ描きが始まるのであった・・・
第二次マトイショック
※アニメ版ではコールドスリープから覚醒していたものの、アニメ最終回ラストカット後にダークファルス【若人】の因子を大量に吸収した(結局はディーオ・ヒューナルが因子を持って行ったため死なずに済んだ)ため、再びコールドスリープに入らざるを得なくなった。

しかし2018年現在徐々にではあるが熱が冷めてきている模様である。

2022年現在、他のキャラクターにも多くこのタグが付けられるようになったため、記事の内容はふさわしくない。

注意点

ただ、こういった嫁関連タグは不快に思う者もいるため、
俺の嫁」タグの記事にあるように、嫁発言の連発は顰蹙を買う原因にもなりかねないので、使用は程々に。

関連記事

親記事

定評のあるもの一覧 ていひょうのあるものいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「みるくぱんだの嫁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5783863

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました