ピクシブ百科事典

やっぱり神様なんていなかったね

やっぱりかみさまなんていなかったね

「やっぱり神様なんていなかったね」とは、でこポン!のゲーム「いつか降る雪」の一シーンで女の子がスケッチブックに書いた言葉である。

概要

いつか降る雪のバッドエンドの一つ。
火災の発生したサナトリウム(リハビリ施設)に女の子(羽村まこと)が閉じ込められてしまうシーン。
脱出できないまま死を察した彼女は、主人公に最後の言葉を伝えようとするが、ガラス越しに声を伝えることができなかったために「やっぱり神様なんていなかったね」という、最初から自分に未来なんてなかったという、悲しい意味の言葉をスケッチブックに書いた。

さらにこのシーンでは、主人公が窓ガラスをこじ開けようと叩き続けたため、彼女の位置に重なるようにガラスに血がついており、それも悲壮感を一層強くしている。
炎に包まれる女の子と神様なんていないというセリフのため、非常にショッキングなシーンとなった。

ただ、当時はこのシーンの強烈な話題性から、この画像1枚だけがネット上に出回ってしまい、
「主人公が火事で閉じ込められて、血まみれでガラスを叩く様子を、幼女がスケブで煽っている」ように見えてしまうという(ドMの方にとってご褒美な)誤解もあった。


なお、余談だがこの作品より以前に公開された映画「コン・エアー」にて、希望を断たれ、敵に追い詰められた挙句主人公を庇って敵の銃弾に倒れた主人公の友人が「やっぱり神様なんていないんだ」と言うシーンがある。
その際主人公は「神はいる。俺がそれを証明してやる」と切り返し、怒涛の猛反撃を開始。本当に神の実在を証明するかのような痛快な大逆転劇の後、二人とも無事生還を果たした。
セリフ以外何の共通点も無い作品ではあるが、「いつか降る雪」のこのセリフでトラウマになった人は「コン・エアー」でトラウマブレイクしてみるのも一興かもしれない。

なお、スケッチブックを持った女の子といえば「知ってるがお前の態度が気に入らない」も有名であるが、エロゲが元ネタであるという共通点以外は両者に関連性はない。

関連タグ

バッドエンド いつか降る雪 コン・エアー

pixivに投稿された作品 pixivで「やっぱり神様なんていなかったね」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244503

コメント