2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

キャリング・カーゴが所有するランドシップ(LS)のひとつであるアイアン・ギアー級ランドシップ一番艦。彼の死後は娘のエルチが受け継ぐ。数あるランドシップでもウォーカーマシンへと変形可能な希有な代物。

しかし新造艦であり且つ実験艦的な扱いでもあったらしく、複雑な機構の弊害で故障が多く、交易商人が使うには貨物積載量が少ない、燃費が悪い等の問題も抱えている。更に変形に対する内部構造にもあまり配慮が無く、棚やベッド等の内装は固定しておかないとそのままひっくり返る(中身にも気を配らないとぐちゃぐちゃになっていそうだ)。

初代は同型艦グレタ・ガリーとの戦いで大破するものの、カーゴ一家(ジロン達)は損傷の少ないグレタ・ガリーを大破したアイアン・ギアーからパーツを取って修理し、黄色い塗装を再び赤に塗り替えてアイアン・ギアーの名で使用、初代は放棄、爆破処理された。

武装

主武装

  • 格闘(パンチ・キック):何よりもまずアイアン・ギアー一番の特徴。巨大ウォーカーマシンという最大の長所を活かした格闘攻撃。劇中度々WM形態での両腕を使ったド派手な殴り合いを披露している。

元々殴り合いの為に付いている手と足だ! 見ていろよーっ!
カ・イ・カ・ン…!

  • 大ジャンプ突撃:最終決戦で披露。スパロボでは単独の武装になっている。その名の通り空高く飛び上がり、その巨体で下にあるものを踏みつぶす。もはやムチャクチャとしか言いようがない攻撃。実際、Xポイントのドーム一つを踏み潰している。そのムチャクチャぶりにティンプも絶句して撤退し、ブレーカー達も逃げ出した。物理法則を無視してる?アニメだからね。
はっはっは、漫画だからね!(映画では「アニメだからね!」)
  • 40mm連装対WM機関砲:WS形態で言う両肩に装備された機関砲。肩の横と上にそれぞれ2門ずつ、計4門。
  • 76mm連装対艦速射砲:LS形態の前部デッキ、WS形態の腰アーマーに搭載。左右に1門ずつ。
  • 200mm連装砲:LS形態の艦首に搭載された主砲。左右に1門ずつ。WM形態では主砲が足の爪先になるため、この状態でキックを放ったり踏みつけを行うのは正直砲座的にも砲手的にも危険極まりない
今度はキックを入れるぞ!→主砲にも人がいるんだよ!?→構うか―!!

追加武装

  • 三連装遅燃性高熱散榴弾砲:通称「ポタン砲」。イノセントから給与された新武装。噛まずに言えたら凄い。弾頭には必殺高熱焼夷徹甲弾入時限信管付遅燃性曳光散榴弾というやたら長い名称の専用弾頭が使われている。噛まずに言えたらもっと凄い。作中では大物交易商人ビッグマンの超大型ランドシップ「デラバス・ギャラン」とのポタン砲による壮絶な打ち合いを行った。(最後にはジロンがザブングルを使って直接ポタン砲を担いでデラバス・ギャランに近付き砲撃、撃破している。)ポタン砲はグレタ・ガリーやギア・ギアには本来無いが、スーパーロボット大戦Zではギア・ギアにもある。

三連装遅燃性ガッ…うっ…メンドくさいっ! ポタン砲!撃つぞ!

ランドシップとしての特徴

単純に人型に変形することで高所からの砲撃が可能になるだけでも強力無比。よく作風含めてイデオンと比較されるが、あちらが全高105メートルなのに対し、こちらはLS形態で全長168.7m、WM形態で全高128.6mと人型で比べても20m以上大きい。こんな巨体が突然目の前に現れるのだから敵が度肝を抜かれるのも納得である。
動作も人型であるだけに柔軟で、片足でバランスを取りながら後ろ蹴りで周囲を飛び回るドランを撃破するという離れ業も見せた。
ちなみに雪山を移動していた際はブリッジ(頭)に大きな白いほっかむりをしていた。(赤い塗装が派手だったから寒冷地迷彩のつもりで付けていた模様)

なお、コトセットはアイアン・ギアーの人型変形機構について、「元々殴り合いのためについている手と足だ!」と豪語しているが真偽は不明。ただ、本来交易に使う目的のランドシップに人型への変形機能と手足を付ける理由がないため、本当に殴り合いのために付けた可能性はある。(他に作業をするならクレーンアームで事足りるはずで、作中にはこの大きさの手に持たせる武装も無い。)

交易商人の使うランドシップとしては正直あまり使い勝手の良い物ではないが、アイアン・ギアーは当時の最新鋭艦であると同時に最強のランドシップでもあり、イノセントから直接カーゴ一家が受け取った経緯がある。イノセントと取引ができるのは手形を持った大物交易商人に限られるので、「イノセントから最新型のメカを貰った」という事実自体がカーゴ一家の商人としての格に箔を付け、有力な交易商人であるという宣伝効果にもなっている。
ジェット噴射を行いながら艦体が立ち上がってWM形態になる変形バンクのド迫力は流石の一言だが、実は地味にブリッジ(WM形態の頭部)の変形バンクだけ動きが逆になっているのはご愛敬。(結局最後まで修正されなかった。)

同型艦

一番艦のノウハウを活かして建造されたアイアン・ギアー級ランドシップ二番艦。艦名の由来は、艦長である大物交易商人カラス一家の棟梁カラス・カラス仇討ちの象徴として妻(グレタ・カラス:実は死んでいない)と実弟(ガリー・カラス:本当の仇はホーラ)の名から命名。なので元々は別の名前があったのかもしれない。
ホーラの策略によって弟と妻、そして自身のランドシップや多くの部下等財産と兵力の殆どを失ってしまったカラスだったが、アイアン・ギアーへの仇討ちのために並々ならぬ執念を燃やし、イノセントに自身の交易商人としての実績のみを担保にした前代未聞のランドシップの前借りを願い出て受領し、黄色い艦体に大きく赤字で「G・G」と描いて復讐戦に臨んだ。(その鬼気迫る姿に、エルチも「敵の戦力が少ない今の内に倒しておかないと、3日経っても追いかけてきそうな気がする」とこぼしている。)
パターン破りのザブングルと言えども、同型艦が敵となって出てくるとは思うまい!
既に一度カラス一家と交戦して満足に動くことさえできないボロボロのアイアン・ギアーと消耗したジロン達に襲い掛かるも、初戦に敗北した時点でカラス側の資金が底をついていたために追加の兵員やウォーカーマシンの補充ができず、また操艦テストも行わずにぶっつけ本番で戦闘に挑んだ事による不慣れや、カラス自身が商人気質で戦闘が苦手であることによる焦りもあって性能差を活かせず、最後はザブングルによって変形を強制解除された隙に、応急修理が完了したアイアン・ギアーの捨て身の突進を受け、カラスは突撃の衝撃で落ちてきたブリッジ構造物の下敷きとなって死亡、敗北する。上記の通り、初代のパーツ流用で修理された上で塗り替えられ、アイアン・ギアーの名を引き継ぐことになる。(が、この戦いでジロン達もグレタ・ガリーの変形阻止のために脚部のつっかえ棒となったザブングル1機が完全に壊れてしまうという大きな損害を被った。)
アイアン・ギアーの実戦データの活用に加え開発技術が確立したおかげか、一番艦よりも様々な面で改良がなされており各種武装やエンジンの性能が大幅に向上、内部機関の不具合も減ったことで変形しての戦闘の頻度も大幅に増えた。ただし通信機に関してはアップデートがされていない模様。初代とは艦橋のデザインに若干違いがある。

アイアン・ギアー級ランドシップ三番艦。初めから純粋な戦闘艦として設計されているため、戦闘力は一番艦・二番艦よりも更に上。艦長はイノセントに洗脳されてジロン達の敵に回ったエルチ。独自の特徴としてはブリッジ上部(つまりWM形態の頭のてっぺん)に露天指揮用のデッキがあり、各部への伝声管が備え付けられている。
カラスがグレタ・ガリーを前借りしたときに訪れたポイントのドックにて、建造中のアイアン・ギアー級と見られるランドシップが1隻あったのが恐らくこれと思われる。
グレタ・ガリーから更なる改良が行われたらしく性能はより向上していると言われていた(エルチが「新型であるだけこっちの方が強い」と言っている。)が、度重なる不具合の対処とアイアン・ギアー級の操艦技術で勝るコトセットの前にはてんで敵わず、WM形態同士での豪快な殴り合いの末に撃破された。(この戦闘でアイアン・ギアーは見事なスウェーバックでギア・ギアのパンチを避け、逆にギア・ギアに強烈なパンチを当ててウイングと肩の機関砲を破壊、最後にはキックで豪快にすっ転ばしている。)
はっはっは!アイアン・ギアーの扱いはこっちのがプロだよ!

関連タグ

戦闘メカザブングル

SDF-1_マクロス:ロボットに変形する戦艦繋がり。

関連記事

親記事

ランドシップ(ザブングル) ざぶんぐるのらんどしっぷ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アイアン・ギアー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23970

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました