ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※以下、『The Last of US Part II』の重大なネタバレを含みます。ゲームプレイ済み以外の方は閲覧注意

































































概要

声優:ローラ・ベイリー
吹き替え:森なな子
シアトルで展開するWLF(ワシントン解放戦線)の兵士の一人であり、ノーティードッグが発売後も明かさなかったもう一人の主人公である。
前作のラストでジョエルが殺害した医師ジュリーの娘であり、ファイアフライ壊滅後は仲間とともにシアトルに逃れ、WLFで筋骨隆々の身体になるまでに鍛え上げ、ジョエルへの復讐の機会を伺っていた。
そしてそれがエリーの眼前で成就してしまったこと、ジョエルとエリーの関係を軽視し、エリーを殺さなかったことが、更なる復讐を呼ぶことになる。

高所恐怖症である。

復讐後

幼い姉弟

シアトルに仲間たちと帰還し、拠点を荒らしまわるスカー(セラファイト)との戦いの中、敵に捕まり首を釣られて死にかける所を、セラファイトを脱走した2人の幼い姉弟に助けられる。拷問で姉のヤーラは片腕を粉砕骨折し、切断しなければならない位重症になった彼女を無視する事ができず、軍医のノラの情報からWLFに放棄された病院深部にある医療品を持ち出した。そして軍医のメルの協力の元、手術でヤーラの片腕を切断、彼女の命を救った。
その一方で、ノラが撲殺されたり、妻メルがいる元彼のオーウェンと寝たりと精神的に追い詰められていた(一方のオーウェンはもう殺し合いにうんざりしており、WLFを離れたいと願っていた)。

セラファイトの島で

その後、姉弟の母を救うために一人突っ走った弟レブを追ってセラファイトの島に向かったが、その過程で仲間のマニーを目の前で失ってしまう。しかも殺したのは雪山でジョエルと一緒にいた金髪の白人だったのだ。
島に到着後、WLFのリーダー・アイザックの目の前でレブをかばったことで彼女は敵と見なされてしまう。ヤーラの機転でその場は助かったものの、姉弟の母は死に、そしてWLFとセラファイトの戦いで燃え上がる島を脱出。
レブと2人で元彼のオーウェンとその妻メルや軍用犬のアリスがいる拠点である水族館に戻るのだが…

激突

仲間の仇が劇場にいることを知った2人は、奇襲仕掛けた。
奴らには4人の仲間がいた。まず、黒髪の男を射殺し、マニーを殺した金髪の男は無力化、弓や火炎瓶で迫る女をボコボコにしたあと、ヒスパニック系の女に邪魔されかけるも返り討ちにした。
が、女が妊娠している事を知ったアビーは、仲間を思い出して思いとどまり、2度と近づくなと警告しその場から去った。

ファイアフライを探して

レブと2人でファイアフライの拠点を探して旅を続けたが、ライカーズと呼ばれるギャングに拉致されてしまう。脱走を試みるも失敗し、海岸沿いで磔にされレブと一緒に最早死を待つだけの状態になった。そして…

総評

復讐をテーマにした、ラストオブアス2の賛否が大きく分かれた原因の一つである。

・ゲームも前半の山場、その頂点に至った瞬間に場面が切り替わり、いきなり手渡される秘匿されたプレイアブルキャラクター
・感染者の襲撃から救ってくれた相手がジョエルと知るや否や、仲間と皆で拷問にかけた上で殺害するという凄惨な展開と荒れた精神
・プレイヤーから好感を持って貰うことを意図して放棄したエリー編での描写
・前作プレイヤーが救いたかったにも拘らず失い続けたエリーと対称に、希望と守るべき存在を得るという、このゲームのシナリオにおける唯一の「先のある」人物

と、前作での主要キャラクターであるエリーと、それを見守ってきたプレイヤーの視点からは憎んでも憎みきれない相手である。

他方、

・レブを守るにあたって愛情を抱き、重要な局面で味方を裏切る過程は前作のジョエルそのものである
・瑕疵のない善人とはとても言えないが、情に篤いが故に家族の復讐を諦めず、相手が敵でも受けた身近な恩をふいにできない人間性
・復讐を始めたのは彼女らであるが、その大元である悲劇の引き金を引いたのはそもそもジョエルである
・高所恐怖症というわかりやすい弱点と、恩人のためレブの応援を受けながらそれに挑戦するシーン

など、誰のせいでもない復讐の連鎖を解きほぐす二人目の主人公としての要素を備えており、プレイヤーは複雑な想いを以て彼女の動向を眺めることになる。

関連項目

ラストオブアス2
もう一人の主人公
ジョエル:彼女にとっての全ての元凶であり、オマージュ元。

関連記事

親記事

ラストオブアス らすとおぶあす

兄弟記事

コメント