ピクシブ百科事典

ノーティードッグ

のーてぃーどっぐ

ノーティードッグ(Naught Dog,LCC.)とはアメリカのゲームメーカー。古くから技術力の高いゲームメーカーとして知られる。
目次[非表示]

概要

1985年にアンディ・ギャビンとジェイソン・ルービンによって創業。日本では「ノーティドッグ」と表記されることがある。
オフィス内に複数の犬がいることでも知られている。
インソムニアックゲームスとはオフィスが近いこともあり古くから親しい間柄で、作品内でコラボすることも多い。

3DO用として開発した2D格闘ゲーム「ウェイ・オブ・ザ・ウォリアー」は低予算ながらも高い評価を受け、ユニバーサルインタラクティブスタジオと契約を結ぶきっかけとなり、製作費用なども供給された。
翌年の1996年に発売した「クラッシュ・バンディクー」は鮮やかに描かれたグラフィック、あまり見られなかった奥スクロールアクションが高く評価され、日本を含む全世界でヒット。これを機にノーティードッグは3Dアクションゲームの製作が中心になる。
その後もナンバリングが進むにつれて売り上げを伸ばしたが、ユニバーサル・スタジオとの確執が生じたため、レーシングを最後にクラッシュシリーズの開発から手を引いた。

2001年にはSCEの子会社となり、PS2向けソフトとして開発した「ジャック×ダグスター」は体験版の配布、コマーシャルなど大規模なプロモーションが行われたが、日本ではあまり売れなかった。
2004年、社長兼創立者のルービンが退社。
2007年にPS3用ソフト「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」をリリース。2011年までに3作リリースされた本作はコントローラーを手放せさせないストーリー、手に汗を滲ませる迫力のあるゲームプレイなどが評価され、AIASゲーム・オブ・ザ・イヤーなど多くのゲーム賞を受賞した。

2013年には「The Last Of Us」をリリースし、批評家から非常に高い評価を受けた。その後PS4が主流となると、2016年5月にアンチャーテッドの新作を出した後、続編の「The Last Of UsⅡ」が2020年6月19日に発売された。

主なゲームソフト

ウェイ・オブ・ザ・ウォリアー
クラッシュ・バンディクーシリーズ(1〜レーシング)
ジャック×ダグスターシリーズ
アンチャーテッドシリーズ
ラストオブアス

関連ダグ

ゲームメーカー 洋ゲー SCEI ノーティドッグ

関連記事

親記事

ゲームメーカー げーむめーかー

子記事

兄弟記事

コメント