ピクシブ百科事典

イクチ

いくち

日本の妖怪。巨大なウミヘビ或いはウナギのようなもの。

茨城の伝承に登場する海上の妖怪で、数千メートル~数キロもの巨体を持つウナギのような姿をしている。
沖を行く船をまたいで通過する習性があり、図体が大きいので完全に通過しきるのに12刻(3時間弱)から時には数日もかかる。しかも体表からは粘着質の油が止め処なく染み出しており、船をまたぐ際にこの油を大量に船上にこぼして行くので、うっかりしていると船が沈没してしまう。
だから、これに遭遇したら船頭は黙って笠でこぼれる油を汲みだし、海に捨てるものだとされる。

いくじなし」と言う言葉の語源になったと言う説もある。

納涼妖イラスト イクチ


鳥山石燕が『今昔百鬼拾遺』で「あやかし」の名で紹介した事から、一般には「あやかし」の名前の方が有名である。同項目も参照の事。

関連タグ

妖怪 ウナギ シーサーペント(近年同一視される未確認生物)

pixivに投稿された作品 pixivで「イクチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2805

コメント