ピクシブ百科事典

ウィルシャロ

うぃるしゃろ

漫画『憂国のモリアーティ』に登場するウィリアム・ジェームズ・モリアーティ×シャーロック・ホームズのBLカップリング。
目次[非表示]

概要

漫画『憂国のモリアーティ』に登場するウィリアム・ジェームズ・モリアーティ×シャーロック・ホームズのBLカップリングである。


注意

この記事は原作の流れを中心に記載していますが、Twitterで見かけた感想や主観も含まれます。
あくまで非公式カップリングであるので注意。


詳細

※以下、ネタバレ注意



ノアティック号
最初の邂逅は原作5話(アニメでは6話)のノアティック号。螺旋階段を見上げたウィリアムのことをシャーロックが「数学者」であると職業を当てる。これに関してウィリアムはやや強引な推理ではあるがと前置きがあるものの感心している様子がある。
そしてウィリアムがシャーロックと同じように推理を始めた際には「少々薬物依存のきらいがありますね」と匂いを嗅ぐシーンがある。近い。
計画に集中するのなら真似る必要性はなく、さっさと立ち去れば良いのでこの時点で多少なりともウィリアムもシャーロックに対して興味を持っていたのだろう。
そしてエンダース伯爵による殺人事件を何者かが仕組んだ船まるごとを使った舞台と推理したシャーロックに笑顔を見せていた。
これをきっかけにシャーロックを主役に据えるための計画を立てて行くこととなる。

緋色の研究
原作7話。シャーロックの探偵としての資質を見るためにこの事件を彼のオーディションとした。結果的にウィリアム達とは違い、目的のため人を殺さないという判断をしたため彼を主役として舞台へと上げた。シャーロックも事件の裏に「あのお方」が関与していると感づき、高揚しているのが見て取れる。

二人の探偵
原作15話。これが邂逅2回目である。ホープの一件以降、犯罪卿を匂わせる事件に出会わずジョンと言い合いになったことで不機嫌だったが、ウィリアムの姿を見つけた途端喜々としてウィリアムの元に駆け寄った。ちなみにこのときウィリアムの後ろ姿しか見えてない。つまり後ろ姿だけでウィリアムと判断したのである。おかしい。
ルイスが遠回しに離れようとするもお構いなしであり、ウィリアム自身も退屈だったからと引き留めるような言葉を言っている。おい兄さんそれでいいのか。
シャーロックがホープの件に関して「おまえがあのお方だったんだな。ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ」とブラフを張ったが、ルイスが焦燥の表情を浮かべる中悠然と微笑み、やっていないことを証明することは不可能、やったと証明するのが貴方の仕事ではないかと言う。その言葉に不機嫌になるどころか笑って冗談だと言い、「そのキレる犯罪卿ってのがおまえだったらいいなって思ってたんだよ」とウインクしながら告げている。それに対してウィリアムは「Catch me if you can,Mr.Holmes」と挑発的に、凶悪的な笑みを浮かべながら言い放つ。冗談だと言ってはいるが後のことを考えると冗談ではないだろう。
そしてこの後協力しながら事件を解決することになるのだが、その時にシャーロックが「リアム」と愛称で呼び始める。なおルイスには殺気のこもった目で見られたが気にしちゃいない。

実は原作者が「実はウィリアムはあの列車にシャーロックが乗るという情報を得て乗った」と話しており、偶然ではなかったことが明らかになっている。何故わざわざ列車に乗ったのかは不明だが、少なくともルイスが知らなかったことからウィリアムの独断であることが窺える。

一人の学生
原作31話。アイリーンの「大英帝国の醜聞」、そして「ホワイトチャペルの亡霊」「ロンドン警視庁狂想曲」から犯罪卿=義賊という確信を持ったシャーロックがわざわざダラム大学まで訪れてウィリアムに会いに来るというとんでも話しである。

ダラムからロンドンまで約400キロ。遠距離恋愛の恋人同士か??

まさか学生に混じってテストを受けていたなど思ってもいなかったらしく、ウィリアムが珍しく心底驚いたような表情を見せている。他の学生は気がつかなかったのか否か……。
採点をしながら犯罪卿の話しをする中、義賊であっても罪は罪で必ず責任を取らせると言い放つシャーロックに、ウィリアムは満足そうに犯罪の責任を取らせるべきだと返している。その後シャーロックが「まあ俺は奴の謎を暴いてとっ捕まえることが出来んならこの命を捨てたって全然構わないんだがな」という台詞に「ええ、その覚悟があればきっと適いますよ」と笑いながら返し、それに対してシャーロックは切なげに、どこか憂うような表情で優しく笑っている。なんだこれ。
その後、名前のない満点の解答用紙の持ち主であるビル・ハンティングを見つけ出し、階級制度によって数学を学ぶことは出来ないというビルを諭して大学に編入させた。諭す際にシャーロックが真剣な表情で言っているのは、彼自身が身分不相応な大学に入って苦労した、という言葉からきているのではないか。
そして駅までシャーロックを見送りに来た際、才能があるならばそれを生かさなければならないという考えに共感した上で、「犯罪卿を捕まえられるのならば命を落としても構わないと先程仰いましたが、貴方は犯罪卿を捕らえ必ず生きて還るべきだ」と告げ、「シャーロック」という言葉は汽笛によって消されてしまった。が、シャーロックがそれを聞き逃すはずもなく「今、シャーロックっつったか?!」と聞き返すが「ホームズさん」とはぐらかされた。またロンドンで会おうと走り出した列車から言ったシャーロックの姿が見えなくなったところで「また必ずお会いしましょう……シャーロック」と言っている。両片思い中の恋愛漫画か?
アニメでは描かれておらず、DVD特典のドラマCDとして収録された。今からでも良いから是非アニメ化してくれ

ちなみに小説2巻では駅に向かうまでの間が補完されており、二人で共闘しているというまたまたとんでも話しである。しかもこの話の中でウィリアムの外套をシャーロックに貸すシーンがあり、それをシャーロックが着るという彼シャツならぬ彼コートをしている。二人とも身長体重は同じなのでぴったり。我々はなにを見せられているんだ?
彼コートを着ているシャーロックは挿絵で見られる。

犯人は二人
原作46話。犯人は二人 第三幕にて。ジョンの婚約者であるメアリーが脅迫され、その証拠を奪うためにミルヴァートンの別邸に盗みに入る。予定であったが、何者かに襲撃されている屋敷を見てジョンには警察を呼びにいかせ自身は待っているという約束を破り屋敷に侵入した。
そこにいたのはミルヴァートンに銃口を向けているウィリアム。
「犯罪卿」と「探偵」として邂逅を果たした二人だが、シャーロックはグダグダと言っているミルヴァートンを一蹴し、「俺は正直おまえじゃなきゃ嫌だったんだ。おまえであって欲しかったしおまえでなきゃ駄目だった。だから今ここにいるのがおまえで本当に嬉しいぜ」とウィリアムが犯罪卿であったことに喜んでいる。流石のミルヴァートンも犯罪卿と探偵に接点があったなど露にも思っていなかったらしい。そりゃそうだ。
ミルヴァートンをシャーロックが銃で撃ち殺したが、自分が殺すなんて思ってもいなかっただろうというシャーロックにウィリアムは無言を貫いている。そしてここからは本気の勝負だと告げるシャーロックに「捕まえられるものなら捕まえてみなさい、シャーロック」と返して屋敷を去っている。馬車で帰る際に「これで間違いなく彼は僕のことも殺してくれるはずさ」と狂気に満ちた顔でルイスに告げている。

蛇足になってしまうがこの話の前に、ジョンからは一人で侵入すると言って怒られているがシャーロックは分かってないような様子がある。しかも「お前の幸せが俺の幸せ」と言っているあたり、彼が懐に入れた人間には甘い様子。知ってるか?これただの親友に言っているんだぜ?
ミルヴァートンを前に結婚を控えた相棒が無事なら自分はどうなってもいいといっていることから、自分の事は勘定に入れていない可能性がある。つまり大切な人が無事なら自分がどうなろうがどうでもいいとある意味無意識に自己犠牲に走っている部分があるのだ。こいつも自分を大切にしない男代表である。

最後の事件
原作48話から。ミルヴァートンの死と引き替えに国中に犯罪卿だと知られることになったウィリアムはそれを利用して最後の計画を実行し、シャーロックは警察で犯罪卿の糸を解いていく。
拘留された際にジョンに怒られて女王陛下謁見の前に自分を大切にすると約束し、マイクロフトにも死ぬつもりはないと返している。
221Bに戻ってからウィリアムの考えていることをジョンに話し、「あいつは俺の大事な友達なんだ」「俺はあいつを救ってやりたい」と告げる。また秘密裏にシャーロックに内通してきたルイスとフレッドに対してもウィリアムを救うと宣言している。
そして221Bに来たウィリアムに「どうして俺なんだ」と、自分を主役に据えた理由を問う。その答えに対しては答えず逆に何故自分が犯罪卿であれば良いと思ったのかというウィリアムの問いに「友達だからに決まってるだろ」と返している。いやなんでやねん。友達の定義が分からなくなってきた。
託された手紙の場所に赴いたシャーロックが見つけたのは今までの犯罪計画とウィリアムからの手紙であり、先述のシャーロックの問いに対しての答えと想いが書かれていた。
「もし違う世界に生まれ変わることが出来たなら今度こそは君と手を取り合える、本当の友達に」
そう締めくくられており、まだ間に合うとシャーロックは最後の場所に走って行く。

ロンドンのタワーブリッジの上で再び対峙するシャーロックとウィリアムだが、シャーロックが共に罪を償おうと言う中でもウィリアムの意志は固く、「悪魔は貴様だシャーロック!」と声を荒げて橋の上で戦闘を繰り広げる。
その後もう観客には見せつけたとモランに足場を破壊して貰い、そのまま観衆の前で橋から落下する。その手を掴むシャーロックだが崩れた足場は耐えられるはずもなく、シャーロックは両手で掴めと言うがウィリアムはそれを聞くことはなく、剣を離さない。ウィリアムは「君は探偵としてではなく、友達としてここに来てくれたんだね」と言い、シャーリーと愛称で呼んだ後腕を切りつけて手を離させた。
が、一人川へと落下するウィリアムをシャーロックは追いかけ飛び降りるとその身体を抱きしめ「やっと、捕まえたぜ」と告げてそのまま川へと落下していった。どこの同人誌かな?と思った読者は少なくない。
この14巻表紙はSQの特典で付け替えカバーとして二人が描かれており、単行本派が本誌を買うファンも多かった模様。

原作15,16巻のネタバレあり

以下、15,16巻のネタバレがあるため未購入者は注意


14巻でシャーロックの姿は書かれていたものの、それしか情報が無かったため一体どうなったのかと戦々恐々としていたファン達であったが、59話にてようやくウィリアムの生存が明かされた。
ウィリアムの目が覚めるまで二人を救助したアメリカ司法省のビリーに連れられてアメリカに行き、仕事の後もしくは合間にウィリアムのいる病室に通っていた模様。
ある日病室を訪れた際に姿の見えないウィリアムを走り回って探し、シーツがはためく屋上でベンチに座るウィリアムの隣に、優しい笑みを浮かべながら腰をかけている。少女漫画か???
数年一緒に仕事をしていたらしく、その後離れて世界を回っていたとのことから精神的にも身体的にも安定した様子。ということはその間シャーロックが少なからず寄り添っていたのだろう。
ちなみに、橋から落ちたときの生存は五分五分であると思っていたらしく、生きるか死ぬか分からないのにも関わらず、しかも死ぬなと、自分を大切にしろとジョンやマイクロフトに言われていたにも関わらずその願いを押してまで落ちるとか……愛しかないね。

前話58話では変装してボンドの前に現れ、いきなり作戦会議中のMI6に訪れたシャーロックを全員が驚いていた。シャーリー美人になったなぁ


16巻で絡みは無いものの、ピンナップやら特典やらでやたらと絡みがある。ありがとうございます。
ジョンには生存を伝えていたらしく、あまり驚いてはいなかった。
そのままの状態で部屋が保存されていたとは思ってもいなかったらしいシャーロック。お前、部屋がなかったらどうしてたつもりだ?そのままどこかに行く予定だったってか???この探偵、そこまで自分が誰かに影響を与えているとは露にも思っていない様子。そういう所だぞお前。
そして「宜しくやっていたんだろ?」という発言はどういうことかなジョンくんや?

モリミュ、モリステ

これは完全な主観ですので、公式や役者様、モリミュ、モリステにご迷惑にならないようお願いします


忘れてはならないのがモリミュ、モリステである。憂モリ界を賑わせた立役者でもある

モリミュではOp2あたりから互いに向ける感情が大きい。詳しくは見てくれ。それだけで矢印の大きさがわかる。Op3では大学で笑い合っているシーンや手を伸ばし合ってすれ違うシーンがある。ちなみにウィリアムはシャーロックの事を風だと評し、「孤独な心に風が吹く」と歌っている。なんて?
しかもこの二人互いに手を伸ばして「鳴り響け心の輪舞曲」とか歌ってる。再度言うが、なんて?????

モリステではcase1ではほとんど絡みがなかった分、case2でほとんどの絡みが出てくる。ベンチの隣に座って穏やかに話し合ったり甘い声で互いの名を呼び合ったりしている。なんだこれ???

これには、これは妄想が具現化した????と思った人もいた。ありがとうございます。
Op4、case3も楽しみにしています。



関連イラスト

是非皆様ウィルシャロを沢山書いてください!

関連タグ

憂国のモリアーティ 憂モリ【腐】
シャーロック・ホームズ ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ

関連記事

親記事

憂モリ【腐】 ゆうこくのもりあーてぃのふむけたぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウィルシャロ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウィルシャロ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19448

コメント